Latest Entries

2017年4月19日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2017年4月19日
担当ガイド:大木信介

【周辺状況】

今週は好天が続きましたが、16日から低気圧通過に伴い、再び雨となりました。
16日は飛行機も一便のみが屋久島空港に着陸し、他は全て欠航となりました。
例年だと4月は比較的安定した天候が続きますが、今年は雨が多くなっています。
雨は森の雰囲気を一変させます。幻想的になったり、瑞々しくなったり、苔はイキイキしたり、晴れた日にはない魅力がたくさんありますので、雨を存分に楽しむのも屋久島流の登山です。

霧の縄文杉
霧の縄文杉

山もようやく春らしくなり、花もあちこちで咲き始めています。
白谷雲水峡の太鼓岩からは新緑とヤマザクラのピンクの美しいコントラストを楽しめます。
例年だと4月第一週にヤマザクラのピークを迎えますが、今年は寒さが長引き、ようやく満開です。

太鼓岩からの眺め(4月18日)
太鼓岩から新緑とヤマザクラ

縄文杉ルートのトロッコ道終点ではツクシショウジョウバカマも咲き始めました。
猩猩(しょうじょう)とは酒飲みで赤ら顔の中国の伝説上の生き物です。
花の色を喩えているそうが、屋久島のショウジョウバカマは花が白いものが多く、赤ら顔には程遠いです。
高山の矮小型がヤクシマショウジョウバカマといわれていますが、分類が難しいです。

ツクシショウジョウバカマ
ツクシショウジョウバカマ

他にもミヤマシキミが満開、屋久島の固有種ヒメヒサカキも葉裏にたくさんの赤い花を咲かせています。
葉裏ということで、気づかれることはほとんどありませんが、3mm程度の花は大変可愛らしいです。

ミヤマシキミ
ミヤマシキミ

ヒメヒサカキ
ヒメヒサカキ

里も常緑樹の新緑真っ盛り、スダジイの花も満開です。
常緑樹の新緑は古い葉の上に鮮やかな新芽が乗り、とても立体的で力強いです。

スダジイの花
スダジイの花

安房川河口の新緑
安房川河口の新緑

新緑と花たち、屋久島は一年で一番美しい季節を迎えています。

4月19日現在の日の出は5:45、日の入りは18:49です。


【コース状況】

●縄文杉コース(標高1300m)
4月17日 天気:雨 縄文杉デッキの気温:14℃(12:00) 風:南の風 登山者数:約100名 
●白谷雲水峡(標高600~1070m)
4月18日 天気:晴れ 太鼓岩の気温:14℃(12:00 標高1050m) 風:無風 登山者数:約370名 


【山岳部環境保全協力金について】

2017年3月より、「世界遺産屋久島 山岳部環境保全協力金」制度が始まりました。
みなさまから任意でご協力いただいた協力金は屋久島の環境保全に使われます。登山口や観光協会等での納入が可能です。
世界遺産・屋久島の環境を守るため、ご協力を宜しくお願いいたします。詳しくは下記をご覧下さい。

http://yakushima-tozan.com/


【登山道】

(縄文杉ルート)

・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)~荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般者の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部保全利用協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

屋久島の道路通行規制情報はこちら
→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima


(縦走ルート)

・積雪、凍結、暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。チェーンスパイク等、天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】 

・標高や風雨など天候によっては体感温度は低くなります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。

若葉の緑が鮮やかな白谷雲水峡トレッキング!

若葉の緑が鮮やかな白谷雲水峡トレッキング!
2017年4月13日
担当ガイド:荒木宏介

神奈川からお越しの女性3名様を、白谷雲水峡へご案内してまいりました。
3月後半から雨が多かった屋久島に、ようやくすっきりとした晴れ間がやってきました。

この日のために、ジブリ映画の「もののけ姫」を3回見てきたそうです。

20170413-1

ドキドキ、ワクワクのスタート!


ヤクシマオナガカエデの新緑を皮切りに、屋久島の森の新緑が始まりました。
常緑樹の多い屋久島では、秋の紅葉よりも、4月の新緑の方が彩り豊かです。

20170413-2

太陽を浴びた若葉が、気持ちよさそうに風に揺れています。


森に入ると、木漏れ日を浴びた苔が光り輝いています。

20170413-3

写真を撮りまくり!


切り株の中に興味津々の3人。

20170413-5

「中に入っていいですかぁ~?」
「ダメです(笑)」


水が豊富な屋久島の登山道には、沢を渡渉する箇所がいくつもあります。
サラサラと流れる清流の音も、癒やしの効果があるそうです。

20170413-6

「ひんやりしてて気持ちいい~!!」


このルート最大の屋久杉、「七本杉」とご対面。
人と比べると屋久杉の大きさが際立ちます。

20170413-7

皆さん、明日は縄文杉ツアーに参加されるそうですが、縄文杉の大きさ(太さ)はなんと、七本杉の約2倍ですよ!


そして本日の目的地、苔むす森に到着。

20170413-8

皆さんの曇りなき眼には、コダマちゃんが見えているのでしょうか?笑


帰りの吊り橋も、怖がることなく元気に歩いて行きます。

20170413-9

沢の水も、エメラルドグリーン色に輝いていました。

20170413-10


白谷雲水峡は、晴れた日と雨の日の景色が全く異なります。
小雨が降って、霧が出たりなんかしても最高の雰囲気です。

また雨の屋久島にも、是非いらしてください。
スタッフ一同お待ちしております。

ありがとうございました!

2017年4月11日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2017年4月11日
担当ガイド:駒野英昭

【周辺状況】

今週も雨の多い一週間で、9日の日曜日は朝方晴れ間が見えたものの、金、土、月曜日はかなり雨が降りました。
厳しい冷え込みはなくなってきましたが、縦走ルートの日陰などには、まだ少し雪が残っています。
改修工事を行っていた高塚小屋は工事が終了し、使用可能になっています。

今年は桜の開花が遅かった屋久島ですが、白谷雲水峡線やヤクスギランド線の山あいには、だいぶヤマザクラの花が見られるようになってきました。
カエデ類の新緑と相まって、見事な色合いを見せています。
屋久島の新緑は、淡い緑から深い緑までグラデーションのように美しい変化を描き、その中に桜の白っぽい色が混じって、とても鮮やかな彩りを見せてくれます。

新緑の山 (1)
新緑の山

縄文杉や白谷雲水峡の道沿いには、マムシグサの花が目立つようになってきました。
その名の通り、茎の部分の模様がマムシの背中の模様に似ています。

マムシグサ
マムシグサ

また、花を包む仏炎苞と呼ばれる部分がヘビが鎌首をもたげたような形にも見えます。
見た目がかなり毒々しい植物ですが、実際に毒草なので、間違っても口に入れたりしないようお気を付け下さい。

4月11日現在の日の出は5:55、日の入りは18:43です。


【コース状況】

●宮之浦岳(標高1936m)
4月9日 天気:晴のち曇 気温:8℃(12:00) 風:南東の強風 登山者数:約40名
●縄文杉コース(標高1300m)
4月10日 天気:雨 縄文杉デッキの気温:10℃(7:00) 風:東の風 
●白谷雲水峡(標高600~1070m)
4月11日 天気:曇時々雨 苔むす森の気温:14℃(14:00 標高870m) 風:北西の風 登山者数:280名 


【山岳部環境保全協力金について】

2017年3月より、「世界遺産屋久島 山岳部環境保全協力金」制度が始まりました。
みなさまから任意でご協力いただいた協力金は屋久島の環境保全に使われます。登山口や観光協会等での納入が可能です。
世界遺産・屋久島の環境を守るため、ご協力を宜しくお願いいたします。詳しくは下記をご覧下さい。

http://yakushima-tozan.com/

【登山道】

(縄文杉ルート)

・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)~荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般者の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部保全利用協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

屋久島の道路通行規制情報はこちら
→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima


(縦走ルート)

・積雪、凍結、暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。チェーンスパイク等、天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】 

・標高や風雨など天候によっては体感温度は低くなります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。

2017年4月5日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2017年4月5日
担当ガイド:伊藤仁久

【周辺状況】

新設工事が行われていました縄文杉の北展望デッキが完成しました。
これまでとは別な方向から縄文杉を見ることができるようになり、縄文杉の新しい姿を見ることができます。

2017_0405_11224800(2).jpg
新デッキから望む縄文杉

新設された縄文杉の北展望デッキ
縄文杉と同じ高さに作られた新デッキ

3月は下旬にも寒の戻りがあり、3月の平均気温は平年値より1度ほど低くなりました。
4月に入ってからも1日夜から2日朝にかけ山間部では雪や霰が降る天候になりました。
例年は4月初旬、縄文杉コースの小杉谷のヤマザクラが見ごろの時期ですが、今年は開花が遅れています。

縄文杉コースの森林軌道沿いに「シキミ」のクリーム色の花が咲いていました。

シキミ
シキミの花

葉は柑橘系に似た香りがあり、属名には「誘惑する」という意味のラテン語が使われいるそうです。
仏壇や墓地に供えられることで知られていますが、実は毒性が強く「悪しき実」が名前の由来と言われています。

これからは春らしい暖かさになり、新緑の森に様々な花が咲き始めます。


現在高塚小屋は改修工事中です。中に入れない可能性もあるので、利用予定の方はテントなど幕営道具もお持ち下さい。
詳しくは屋久島町役場商工観光課、観光係 TEL 0997-43-5900までお問い合わせ下さい。

4月5日現在の日の出は6:02、日の入りは18:40です。


【コース状況】

●縄文杉コース(標高600~1,300m)
4月5日 天気:曇り 縄文杉デッキの気温:7℃(7:00 標高約1,300m) 風:微風 登山者数:約150名 
●白谷雲水峡(標高600~1,050m)
4月3日 天気:晴れ 太鼓岩の気温:10℃(12:00 標高1050m) 風:北西の風 登山者数:約320名 


【山岳部環境保全協力金について】

2017年3月より、「世界遺産屋久島 山岳部環境保全協力金」制度が始まります。
みなさまから任意でご協力いただいた協力金は屋久島の環境保全に使われます。登山口や観光協会等での納入が可能です。
世界遺産・屋久島の環境を守るため、ご協力を宜しくお願いいたします。詳しくは下記を御覧ください。
http://yakushima-tozan.com/


【登山道】

(縄文杉ルート)

・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)~荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

屋久島の道路通行規制情報はこちら
→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima

(縦走ルート)

・現在、新高塚避難小屋の付帯トイレは使用可能です。
・積雪、凍結、暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
チェーンスパイク等、天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】

・標高や風雨など天候によっては体感温度は低くなります。衣類は速乾用素材、防水、防寒、防風の装備をしっかりと用意して下さい。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライトは必須です。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。




2016年3月29日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2016年3月29日
担当ガイド:松田浩和

【周辺状況】

屋久島の3月の月間平均降水量は、6月、5月に次いで3番目に多くなっています。
この雨は「木の芽流し」と呼ばれ、優しく新芽を洗い流し春を呼び込みます。
その名の通り、ここ数日雨が続いており、里や白谷線では日に日に新緑が鮮やかさを増しています。

新緑の始まりを告げるのがヤクシマオナガカエデです。

オナガカエデ新緑
オナガカエデ新緑

屋久島固有のこのカエデは、常緑樹の新緑に先駆けて新芽を出します。
新芽は出たばかりだと、葉緑体が発達していないので赤色に見えることもあります。

オナガカエデ新芽
オナガカエデの赤芽

春の味覚、タラの芽も食べごろを迎えています。
島では元々、タラの芽を食べる習慣はあまりなく、島外からの移住者たちがもたらした食文化といえます。
今では人気の山菜となっています。

タラの芽
タラの芽

現在高塚小屋は改修工事中です。中に入れない可能性もあるので、利用予定の方はテントなど幕営道具もお持ち下さい。
詳しくは屋久島町役場商工観光課、観光係 TEL 0997-43-5900までお問い合わせ下さい。

3月29日現在の日の出は6:12、日の入りは18:32です。


【コース状況】

●縄文杉コース(標高600~1,300m)
3月27日 天気:曇り時々あられ 縄文杉デッキの気温:3℃(12:00 標高約1,300m) 風:微風 登山者数:288名 
●白谷雲水峡(標高600~1,050m)
3月28日 天気:晴れ 太鼓岩の気温:9℃(12:30 標高1050m) 風:微風 山者数:約700名 
 

【山岳部環境保全協力金について】

2017年3月より、「世界遺産屋久島 山岳部環境保全協力金」制度が始まります。
みなさまから任意でご協力いただいた協力金は屋久島の環境保全に使われます。
登山口や観光協会等での納入が可能です。
世界遺産・屋久島の環境を守るため、ご協力を宜しくお願いいたします。
詳しくは下記を御覧ください。

http://yakushima-tozan.com/


【登山道】

(縄文杉ルート)

・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)~荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

屋久島の道路通行規制情報はこちら
→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima

(縦走ルート)

・現在、新高塚避難小屋の付帯トイレは使用可能です。
・積雪、凍結、暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
初心者の安易な入山は控えて下さい。6本爪以上のアイゼンやチェーンスパイク、ピッケル等、天気予報を確認して必要に応じた雪山装備を準備してください。


【装備】

・標高や風雨など天候によっては体感温度は低くなります。衣類は速乾用素材、防水、防寒、防風の装備をしっかりと用意して下さい。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライトは必須です。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。





Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR