FC2ブログ

Latest Entries

2019年8月21日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2019年8月21日
担当ガイド:伊藤 仁久


【コース状況】

●縄文杉コース(標高1300m)
8月20日 天気:曇り時々雨後晴れ 縄文杉デッキの気温:22℃(11:30 標高1300m) 風:微風 登山者数:約250名

●白谷雲水峡(標高1080m)
8月20日 天気:雨後晴れ 太鼓岩の気温:23℃(12:00 標高1080m) 風:東の強風 登山者数:約280名


【周辺状況】

台風10号は交通に影響がありましたが、屋久島の東側を通過したこともあり大きな災害はありませんでした。
真夏の暑さも7月下旬から8月20日頃がピークで、朝夕など少しづつしのぎやすくなってきました。

海岸から標高700m付近にアマクサギ(甘臭木)の白い花が咲いています。

アマクサギ
アマクサギ

クサギの仲間は葉に独特の匂いがあることからクサギ(臭木)と呼ばれていますが、花は葉とは対照的に甘い良い香りがします。
アマクサギはクサギのなかでも九州以南の暖地に分布しています。
ゆがいたり天日干して加熱すると臭みが消え、4,5月頃に新葉をみそ汁の具や炒めて食べることもできます。

夏も残りわずか、屋久島の海、川、山を満喫して下さい。


8月21日現在の日の出は5:47、日の入りは18:55です。


【登山道】

(縄文杉ルート)
・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)から荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/


・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→https://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/index


(縦走ルート)
・暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】

・縄文杉ルートでも気温10℃以下、奥岳ルートでは5℃以下になることがあります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。奥岳登山時は万が一のビバーク装備をお忘れなく。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。


※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

夏のいちおしアクティビティ!シャワークライミング!!

夏のいちおしアクティビティ!沢登り!!

2019年7月20日
担当ガイド:荒木 宏介


岡山と福岡からお越しの3名様と、シャワークライミング&キャニオニングに行ってまいりました。

20190720-1


初めてのシャワークライミングということで、皆さまおおはしゃぎです。

「大冒険の始まりみたいっ!」

20190720-2


透き通るような屋久島のエメラルドグリーンの沢、最高です!!

20190720-3


沢が登れない箇所は、高巻きです。

20190720-4


花崗岩の巨岩帯をクリアして。

20190720-5


また沢へ。


20190720-6


いい笑顔!!

20190720-7


この大きな淵でしばらく遊びます。

20190720-9

7メートルほどの高さから、豪快にジャンプ!!

20190720-8


ちょっと休憩。
温かいカフェオレでほっとなごみます。

20190720-10

この後、また飛び込んでました(笑)
帰りはプカプカ流されて帰ります。


楽しいひと時を過ごせました。

20190720-11


夏は、山登りもいいですけど、シャワークライミング&キャニオニングが超おすすめです。

また是非、屋久島へ遊びに来てください。
ありがとうございました!


2019年8月14日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2019年8月14日
担当ガイド:川原 大基


【コース状況】

●縄文杉コース(標高1300m)
8月12日 天気:雨 縄文杉デッキの気温:20℃(11:00 標高1300m) 風:北東の風 登山者数:427名

●白谷雲水峡(標高1080m)
8月13日 天気:雨 苔むす森の気温:23℃(12:00 標高860m) 風:北東の風 登山者数:約350名


【周辺状況】

台風10号は先週の予報より北西に進路を変え、屋久島は13日に強風域、14日には暴風域へ入りました。
鹿児島本土と屋久島を結ぶフェリー屋久島2、フェリーハイビスカス、高速船トッピー&ロケットなど、海上交通は欠航が相次ぎ、
13日に鹿児島からの高速船が1便のみ屋久島の宮之浦港に入港しています。
航空機は13日に全便欠航・引き返し、14日も全便欠航となりました。

台風の影響で13日から15日までの間、荒川登山口へのシャトルバスの運休が決定し、縄文杉へは行くことができません。
13日の午前中は白谷雲水峡の苔むす森までのトレッキングを楽しむことができ、霧に包まれた美しい森を堪能することができました。

8月14日 苔むす森
8月14日 苔むす森


白谷雲水峡コースでは、照葉樹林の宝石と呼ばれるヒナノシャクジョウが花を咲かせました。
「雛の錫杖」の名前は形が錫杖に似ていて小さいことが由来です。

8月14日 ヒナノシャクジョウ
8月14日 ヒナノシャクジョウ

草丈2cmほどのごく小さな植物ですが、白谷雲水峡には毎年花を咲かせる場所があります。
真っ白な姿は苔の茂みに良く映え、比較的見つけやすい植物です。
日照時間が比較的長いため常緑の木に一年中覆われるくらい照葉樹林の地表で、
光がなくても生きていけるように進化した植物だと考えられています。

照葉樹林は本州では海岸沿いに発達する森ですが、沿岸部はどこも人間に
開発されており、この小さな植物は人間の知らぬ間に生息地を奪われてしまいました。
開発を運良く免れた森が多く残っている屋久島には、ヒナノシャクジョウのような
光合成をやめた植物の仲間が多く生き残っているといわれています。

人間と自然のかかわり方について考えながら散策するのも、屋久島の楽しみ方の一つです。
普段は見られない生き物と出会える場所での登山をお楽しみください。


8月14日現在の日の出は5:43、日の入りは19:00です。


【登山道】

(縄文杉ルート)
・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)から荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→https://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/index

(縦走ルート)
・暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】

・縄文杉ルートでも気温10℃以下、奥岳ルートでは5℃以下になることがあります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。奥岳登山時は万が一のビバーク装備をお忘れなく。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。


※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

2019年8月7日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2019年8月7日
担当ガイド:荒木 宏介


【コース状況】

●縄文杉コース(標高1300m)
8月6日 天気:晴れ 縄文杉デッキの気温:22℃(11:00 標高1300m) 風:西の風 登山者数:96名

●白谷雲水峡(標高1080m)
8月6日 天気:晴れ 太鼓岩の気温:25℃(12:00 標高1080m) 風:東の風 登山者数:190名


【周辺状況】

今週は、台風8号、9号、10号と立て続けに発生。
幸い8号は屋久島から外れ、たいした影響はありませんでした

そんな中いよいよ夏休み到来。屋久島の森には子供たちの歓声が鳴り響き始めました。

8月2日 荒川登山口
8月2日 荒川登山口

縄文杉や白谷雲水峡ルートでは、家族連れの登山者をよく見かけます。


縄文杉コースなどの森道沿いではリンゴツバキの大きな実が目につきます。
リンゴツバキは、ツバキシギゾウムシとの共進化で果実が大きくリンゴのようになったため、そう呼ばれています。

リンゴツバキの実
リンゴツバキの実

ツバキシギゾウムシという虫は、このツバキの実に口で穴を開けて、真ん中にある種のそばに卵を産みます。
するとツバキは卵を産み付けられるのが嫌で実の皮を厚くし、ツバキシギゾウムシも負けずと進化して口を長くする。
お互いに進化(共進化)することで、こんな大きな実と長い口を持つようになったそうです。

屋久島の大自然の中では、動物や植物の面白さを実体験できます。
ぜひお子様連れで、素敵な夏休みの思い出作りにいらして下さい。


9号、10号ともに屋久島直撃コースの予報ではありませんが、船や飛行機への影響がありそうです。
台風情報をしっかりご確認の上、余裕のあるスケジュールで屋久島にいらしてください。


8月7日現在の日の出は5:38、日の入りは19:12です。


【登山道】

(縄文杉ルート)
・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)から荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→https://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/index

(縦走ルート)
・暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】

・縄文杉ルートでも気温10℃以下、奥岳ルートでは5℃以下になることがあります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。奥岳登山時は万が一のビバーク装備をお忘れなく。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

雨上がりの白谷雲水峡!!

雨上がりの白谷雲水峡!!

2019年7月19日
担当ガイド:荒木 宏介


兵庫からお越しの女性2名様と、雨上がりの白谷雲水峡に行ってまいりました。

20190719-1

今年の梅雨は、例年より長く続いています。
でも、屋久島の森は雨上がりが最高なんですよ!


20190719-2

昨日は、沢が増水して渡渉できなくなるほどでした。
しかし一日経つと、何もなかったかのように、沢の様子は元通り。


20190719-4


雨上がりの、森を堪能しながら歩いていると、
ふわっと、カゲロウか何かが目の前を通り過ぎて、木の枝に止まりました。

20190719-3

「ヤクシマトゲオトンボ」でした。
屋久島の固有亜種とされています。


見上げると、樹の上部がかすんで見えるほど高い「七本杉」。
1,000年以上生きた屋久杉、圧倒的な迫力です。

20190719-6


目的地の「苔むす森」に到着。

20190719-8


やはり、この森は雨上がりが一番です。

20190719-7


森全体がキラキラとしていて、夢の中にいるような気分になれます。

20190719-9


都会の喧騒から離れ、屋久島の自然ですっかり癒やされちゃいましたね!

20190719-10


明日は、縄文杉に行く予定のお二人。
GOOD LUCK!

ありがとうございました。

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR