FC2ブログ

Latest Entries

2019年10月16日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2019年10月16日
担当ガイド:川原 大基


【コース状況】

●宮之浦岳コース(標高1936m)
10月12日 天気:快晴 宮之浦岳山頂の気温:15℃(11:30 標高1300m) 風:北西の風 登山者数:約60名

●縄文杉コース(標高1300m)
10月15日 天気:曇り 縄文杉デッキの気温:15℃(11:00 標高1300m) 風:微風 登山者数:154名

●白谷雲水峡(標高1070m)
10月14日 天気:曇りのち雨 太鼓岩の気温:16℃(13:00 標高1070m) 風:微風 登山者数:約230名


【周辺状況】

先週発生した台風19号は東寄りに進路を変え、屋久島は強風域内にも入らず比較的穏やかでした。
海上時化のためフェリー欠航などの影響は出ましたが、
12日の宮之浦岳コースは快晴に恵まれ、気持ちの良い登山を楽しむことができました。


目立つ花が少ない時期ですが、標高の高い山域ではセンブリやハナヤマツルリンドウなどが咲いています。
ヤクザサの茂みにひっそりと咲くセンブリは胃腸薬として有名です。
強い苦味が特徴で、千回振り出しても苦味がなくならないので千振の名がついています。

10月16日 センブリ
10月16日 センブリ


ハナヤマツルリンドウは屋久島の固有種で、ヤクザサに絡みついて生えるツル植物です。
小振りですが華やかな見た目をしており、登山道沿いでよく目立ちます。

10月16日 ハナヤマツルリンドウ
10月16日 ハナヤマツルリンドウ


台風の季節もひと段落といったところですが、秋雨前線や冬型の気圧配置等には要注意です。
天気による温度差も大きくなりますので、防寒着の準備を怠らず安全に登山を楽しんでください。


10月16日現在の日の出は6:19、日の入りは17:46です。


【登山道】

(縄文杉ルート)
・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)から荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→https://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/index


(縦走ルート)
・暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】

・縄文杉ルートでも気温10℃以下、奥岳ルートでは5℃以下になることがあります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。奥岳登山時は万が一のビバーク装備をお忘れなく。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。


※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

2019年10月9日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2019年10月9日
担当ガイド:伊藤 仁久


【コース状況】

●縄文杉コース(標高1300m)
10月8日 天気:霧 縄文杉デッキの気温:15℃(11:00 標高1300m) 風:微風 登山者数:302名

●白谷雲水峡(標高1070m)
10月8日 天気:曇り 太鼓岩の気温:18℃(13:00 標高1070m) 風:北西の風 登山者数:280名


【周辺状況】

10月に入り、3日までは台風18号への湿った空気の流れ込みで山間部は雨模様の天候が続きました。

4日は久しぶりに秋晴れとなり、縄文杉コースの登山道から青空を背景に宮之浦岳が望めました。

縄文杉ルートから望む宮之浦岳
縄文杉ルートから望む宮之浦岳


樹林帯の登山道にサザンカの白い花びらが落ちています。

サザンカ
サザンカ

上を見上げてもどこで咲いているのかよく見えないことが多いのですが、あまり目立たない白い花がひっそりと咲いています。

垣根などでよく見かける園芸種の赤い艶やかな花とは対象的です。

花の少ない時期、足を止めて探してみてください。


週末から14日の体育の日にかけ連休になりますが、台風19号の進路によっては影響があるかもしれません。

最新の情報を確認して、安全に登山を楽しんで下さい。


10月9日現在の日の出は6:16、日の入りは17:55です。



【登山道】

(縄文杉ルート)
・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)から荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→https://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/index


(縦走ルート)
・暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】

・縄文杉ルートでも気温10℃以下、奥岳ルートでは5℃以下になることがあります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。奥岳登山時は万が一のビバーク装備をお忘れなく。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。


※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

2019年10月2日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2019年10月2日
担当ガイド:荒木 宏介


【コース状況】

●宮之浦岳(標高1936m)
9月26日 天気:曇り 宮之浦岳山頂の気温:18℃(12:30 標高1936m) 風:北東の風 登山者数:15名

●縄文杉コース(標高1300m)
10月1日 天気:曇り時雨 縄文杉デッキの気温:17℃(11:00 標高1300m) 風:微風 登山者数:91名

●白谷雲水峡(標高1070m)
9月29日 天気:曇り 太鼓岩の気温:21℃(12:00 標高1070m) 風:北の微風 登山者数:172名


【周辺状況】

先週の台風17号に続き、今週は18号が発生しましたが、大きくそれたため島の北西を通過。
海や空、登山バスなどの交通に影響はなく、1日までは運休はありません。


この時期、宮之浦岳などの高地では、屋久島固有の秋の花がたくさん姿をみせてくれています。

【ハナヤマツルリンドウ】

ハナヤマツルリンドウ

森林限界から上部に現れるつる性のリンドウです。
ヤクザサから顔をのぞかせる青紫色の花は、さわやかな秋の青空を連想させてくれます。


【イッスンキンカ】

イッスンキンカ

山頂近くの岩肌に生育するイッスンキンカは和名「一寸金花」の名前の通り高さ数センチで
アキノキリンソウを小型にしたような黄色い花がかわいらしいです。


【ヤクシマアザミ】

ヤクシマアザミ

こちらも、里のノアザミより小さく草丈20センチ程です。
葉のとげが鋭く、先が細長く尖っています。鹿に食べられないようにこのような形に進化したのでしょうか。


【ヒメウメバチソウ】

ヒメウメバチソウ

苔の中や湿った花崗岩砂の上に生息しています。
ウメバチソウの矮小化で、3センチ足らずの茎に径1センチほどの花が咲いていて、清楚な雰囲気です。


【ヤクシマママコナ】

ヤクシマママコナ

登山道脇の足元に控えめにかわいい花を咲かせています。
ちょっと変わった名前は、果実が米粒にそっくりなので「飯子菜(ままこな)」とつけられました。


宮之浦岳のコースは、長く登り返しのあるルートです。
体力や体調によっては、下山に予想以上に時間を要することがあります。
時間に余裕をもって、早めの行動を心がけましょう。


10月2日現在の日の出は6:11、日の入りは18:03です。



【登山道】

(縄文杉ルート)
・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)から荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→https://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/index


(縦走ルート)
・暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】

・縄文杉ルートでも気温10℃以下、奥岳ルートでは5℃以下になることがあります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。奥岳登山時は万が一のビバーク装備をお忘れなく。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。


※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

2019年9月25日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2019年9月25日
担当ガイド:川原 大基


【コース状況】

●縄文杉コース(標高1300m)
9月24日 天気:曇り時々晴れ 縄文杉デッキの気温:19℃(11:00 標高1300m) 風:微風 登山者数:211名

●ヤクスギランド(標高1100m)
9月23日 天気:曇り 蛇紋杉付近の気温:21℃(10:00 標高1100m) 風:微風 登山者数:約80名


【周辺状況】

台風17号が東シナ海を北上し、屋久島は9月21日から22日にかけて強風域に入り、
この2日間は安全確保のため荒川登山口行きのバスが休止しました。

23日の午後からは台風一過で快晴になり、空港付近の最高気温は30℃まで上昇。
このところ秋めいてきていた気温がまた夏らしい日差しに逆戻りです。

登山道では少し早めの紅葉が始まり、黄色く色づいた葉が落ちているのを見かけます。

9月25日 ハリギリの落葉
9月25日 ハリギリの落葉

ひときわ大きな黄色い葉はウコギ科のハリギリです。
幼木の樹皮に鋭い針があり、桐に似た葉をつけるため針桐の名が付いています。

また、登山道にたまに赤い実が落ちていることがあります。

9月25日 ヤマボウシの実
9月25日 ヤマボウシの実

クワの実のような見た目をしているのは、ヤマボウシです。
ハナミズキの仲間で、この時期に美味しい実をつけます。
この2種はどちらも屋久島が分布の南限になっています。

屋久島が分布の南限となる植物は、約200種も存在します。
その多くは、かつて氷河期に陸続きとなった日本列島を南下して屋久島にたどり着き、
その後の温暖な時期を標高の高い山地へ避難することで生き延びたとされています。
そのため、低地の森は南方系の照葉樹林、山中は北方系の針葉樹林が成立し、
植生の変化を観察できるのが屋久島の森の特徴です。
この植生の変化は「植物の垂直分布」と呼ばれ、
屋久島の世界自然遺産登録の主な理由の一つとなっています。

常緑樹が多い屋久島では、常緑の深緑に落葉樹の赤や黄色い紅葉が良く映えます。
色に表れる森の変化を観察しながら、秋の登山をお楽しみください。

9月25日現在の日の出は6:07、日の入りは18:11です。



【登山道】

(縄文杉ルート)
・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)から荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→https://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/index


(縦走ルート)
・暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】

・縄文杉ルートでも気温10℃以下、奥岳ルートでは5℃以下になることがあります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。奥岳登山時は万が一のビバーク装備をお忘れなく。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。


※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

2019年9月18日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2019年9月18日
担当ガイド:荒木 宏介


【コース状況】

●縄文杉コース(標高1300m)
9月17日 天気:曇り 縄文杉デッキの気温:21℃(12:00 標高1300m) 風:北東の風 登山者数:155名

●白谷雲水峡(標高1080m)
9月17日 天気:曇り 太鼓岩の気温:22℃(12:00 標高1080m) 風:北東の風 登山者数:約200名


【周辺状況】

すっかり秋の装いになってきた屋久島。
朝晩は少し肌寒いくらいで、森や山でも爽やかなトレッキングが楽しめます。
9月13日には、秋の風物詩である十五夜祭が各集落で行われました。
屋久島の十五夜祭では、綱引きや相撲を取るのが特徴的です。

白谷雲水峡へ向かう車道沿いなどで、秋を告げる花「サキシマフヨウ(先島芙蓉)」が咲いています。

サキシマフヨウ 9月17日 白谷雲水峡
サキシマフヨウ 9月17日 白谷雲水峡

サキシマフヨウの学名は Hibiscus makinoi です。
Hibiscus ハイビスカスはギリシャ語が由来で「Hibis(エジプトの女神)」の名からきているとの説があります。
makinoi これは日本の植物学の父と言われる「牧野富太郎さんの」という意味だそうです。
九州の南部から沖縄にかけて分布するサキシマフヨウは、秋を感じるこの時期に花を咲かせて楽しませてくれます。

朝が早い縄文杉コースなどでは、日の出が遅くなり、そろそろヘッドライトが必要になりそうです。
また「秋の日はつるべ落とし」と言われ、他の季節に比べて秋は急速に日が暮れてしまいます。
しっかりとした登山計画を立て、余裕を持って下山できるようにしておきましょう。


9月18日現在の日の出は6:03、日の入りは18:22です。



【登山道】


(縄文杉ルート)
・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)から荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→https://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/index


(縦走ルート)
・暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】

・縄文杉ルートでも気温10℃以下、奥岳ルートでは5℃以下になることがあります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。奥岳登山時は万が一のビバーク装備をお忘れなく。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。


※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR