Latest Entries

2016年9月28日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2016年9月28日
担当ガイド:荒木宏介

【周辺状況】

先週の屋久島はシルバーウィークの連休で、多くの来島者で賑わっていました。
しかし例年よりも休みが分散したおかげで、縄文杉の登山者は集中せず9月23日の510人程度が最大でした。
また今年の3月に完成した広い縄文杉展望デッキのおかげで、混雑感はだいぶ解消されたようです。

広い縄文杉デッキ
広い縄文杉デッキ

9月22日の秋分の日には、「岳参り」という屋久島の伝統行事を行う集落があります。
岳参りとは山岳信仰の一つで、集落の人たちが信仰の対象となる山にお参りに行く行事です。
山頂のほこらの前で、里から持ってきた砂浜の塩、お神酒、米、塩等々のお供え物を山の神様に捧げます。

岳参り
岳参り

岳参りも終わり、朝晩の冷え込みを感じ始めると「もう夏も終わりだなぁ~」と感じさせられます。

縄文杉ルートの登山道などでは、ヤマボウシの赤い実が散乱している場所があります。
ヤクザルが木の上で、ヤマボウシの実を食べ、その食べ残りが落ちているのです。
ヤクザルも山の幸を楽しみつつ、秋の訪れを感じていることでしょう。

ヤマボウシの実
ヤマボウシの実

9月28日現在の日の出は6:11、日の入りは18:08です。


【コース状況】

●黒味岳(標高1,831m)
9月25日 天気:小雨 山頂の気温:17℃(11:00 標高1,831m) 風:東の風 登山者数:11名
●縄文杉コース(標高600~1,300m)
9月26日 天気:雨 縄文杉デッキの気温:18℃(12:00 標高約1,300m) 風:無風 登山者数:約300名
●白谷雲水峡(標高600~1070m)
9月25日 天気:雨 太鼓岩の気温:20℃(12:00 標高1,050m) 風:北東の風 登山者数:約250名  


【登山道】

(縄文杉ルート)

・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)~荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/
屋久島の道路通行規制情報はこちら→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima

(縦走ルート)

・現在、新高塚避難小屋の付帯トイレは使用可能です。


【装備】 

・標高や風雨など天候によっては体感温度は低くなります。衣類は速乾用素材、防水、防寒、防風の装備をしっかりと用意して下さい。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライトをご用意ください。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。





屋久島の山の三大名所を大満喫、一泊縦走ツアー!!

屋久島の山の三大名所を大満喫、一泊縦走ツアー!!

2016年9月10日、11日
担当ガイド:荒木宏介


大阪からお越しの女性3名様と、一泊縦走(淀川登山口→白谷雲水峡)へ行って参りました。
このツアーは、屋久島の山の三大名所「宮之浦岳」、「縄文杉」、「白谷雲水峡」を一泊二日で一気に回るという、大変贅沢なツアーなんです。

初日の天気予報の方が良かった為、淀川登山口から入山し、まずは宮之浦岳山頂を目指します。
陽の登り始める朝6時、淀川登山口を出発!

20160910-1


雲ひとつない快晴!
普段から旅行に遊びに全力投球な皆さま、終始とても楽しそうにはしゃいでました♪

20160910-2


洋上のアルプスと言われる屋久島奥岳の稜線歩き。
不思議な奇岩を横目に、頂上を目指すこと6時間。

ちょうどお昼12時に山頂到着!

20160910-3
九州最高峰の宮之浦岳。百名山の百番目。
360度パノラマの絶景を眺めつつ、みんなで食べるお昼ご飯はとても美味しく感じます。


映画「インディ・ジョーンズ」で転がってきそうな大岩も、しっかりキャッチ(笑)

20160910-4


今夜は新高塚小屋に泊まります。夕方4時前に到着。
汗だくのシャツを着替え、山小屋に寝床を確保したら、さっそく屋久島の芋焼酎「三岳」で乾杯!

20160910-5

今日一日の出来事や、昔の旅の思い出を語り合いながら、ワイワイがやがや♪
素敵な時間が、とてもゆったり流れます。

20160910-6


二日目も快晴の中、朝5時に高塚小屋を出発
そして明るくなる頃、縄文杉に到着!

20160910-7
朝陽で神々しく照らされた縄文杉に、一同大感動です。


屋久島で見つかっている切り株の中で、一番大きなウィルソン株。
中の8~10畳ほどのスペースで、ハート型の穴をバックに記念撮影。

20160910-8
一生現役!という皆さん。
「これでより一層恋愛運が上がりましたね♪」


そしてなんと!
白谷雲水峡につく頃に雨が降りだしました。

通常であれば、雨は残念なもの。
しかし白谷雲水峡では、とてもありがたいんです。

20160910-9
雨のお陰で、山一面を覆っている苔たちが元気いっぱい輝きだすからです。
初日の山小屋で、「明日は雨が降るといいですね」と言っていたのが叶っちゃいました。


白谷雲水峡の入り口に到着。
長かったようで、あっという間の2日間でした。

20160910-10
皆さんの、全く疲れを感じさせない笑顔にびっくりです。


屋久島の山の三大名所をぐるっと回る縦走ツアー、いかがだったでしょうか。
お天気に恵まれ、快晴の宮之浦岳、朝陽に照らされる縄文杉、しっとり雨の白谷雲水峡、どれも最高でした!

ぜひまた、屋久島に遊びにいらしてください。
次はヤクシマシャクナゲが咲き誇る、5月中旬から6月初めにお待ちしております。
誠にありがとうございました。


2016年9月21日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2016年9月21日
担当ガイド:大木信介

【周辺状況】

本年は台風の少ない年ではありますが、9月に入って3つの台風が接近しました。
19日夕方から20日朝にかけて台風16号が最接近し、大荒れとなりました。
雨台風で本土では多大な被害がでましたが、屋久島では心配していたほど降りませんでした。
しかし、この影響で19日と20日の縄文杉ルートのバスは運休し、縄文杉登山は中止となりました。
白谷雲水峡に変更した登山者も多かったものの、こちらも雨の影響で増水し、ルートが限られました。

刻一刻と増水する川、風の轟く音、叩きつける雨、自然の力を目の当たりにし、台風の力を肌で感じる貴重な機会となりました。
21日は台風一過の快晴とはなりませんでしたが、バスも通常運行し、日程変更した人たちで賑やかな一日となりました。

先日、標高600m付近で珍しくシュスランが咲いていました。

シュスラン
シュスラン

シュスランは関東地方以西の本州、四国、九州および朝鮮半島から中国にかけて広く分布するラン科の多年草です。
主に低山や里山の照葉樹林下や落葉樹林下などに生え、中央に白筋の入った可愛らしい葉を落ち葉の中に広げます。
夏ごろから花芽を伸ばし、晩夏から秋にかけて美しい壺形の花を数輪咲かせます。

シュスラン2
シュスラン

鹿の食害に遭いやすいのか、前ほど見れなくなったそうです。
花が少ないこの時期、偶然の出会いに感謝です。

9月21日現在の日の出は6:05、日の入りは18:16です。


【コース状況】

●宮之浦岳(標高1,936m)
9月21日 天気:曇のち雨 山頂の気温:16℃(12:00 標高1,936m) 風:北東の風 登山者数:28名
●縄文杉コース(標高600~1,300m)
9月21日 天気:雨時々曇 縄文杉デッキの気温:18℃(11:30 標高約1,300m) 風:南の風 登山者数:370名
●白谷雲水峡(標高600~1070m)
9月20日 天気:晴れ 太鼓岩の気温:21℃(12:00 標高1,050m) 風:西の強風 登山者数:約350名  


【登山道】

(縄文杉ルート)

・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)~荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/
屋久島の道路通行規制情報はこちら→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima

(縦走ルート)

・現在、新高塚避難小屋の付帯トイレは使用可能です。


【装備】 

・標高や風雨など天候によっては体感温度は低くなります。衣類は速乾用素材、防水、防寒、防風の装備をしっかりと用意して下さい。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライトをご用意ください。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。




2016年9月13日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2016年9月13日
担当ガイド:駒野英昭

【周辺状況】

8月は雨の少なかった屋久島も、9月に入り、台風や前線の影響で雨の降る日が多くなってきました。
12日の朝は激しい雨が降り、縄文杉のトロッコ道が川のようになりましたが、小降りになった午後には水が引いていました。
島の大部分が岩で出来ている屋久島は、山に降った雨が一気に川に流れ落ちてくるため、雨が降ると短時間で増水し、逆に雨が止めば、短時間で水が引いていきます。
雨の時は、特に気をつけて行動してください。

朝晩は涼しくなることも増え、秋の気配が漂ってきた屋久島ですが、晴れた日の日中はまだセミが鳴いています。
今よく聞かれるのはツクツクボウシとクロイワツクツクです。

クロイワツクツク
クロイワツクツク

屋久島ではツクツクボウシは7月下旬から遅いものは10月頭までと、非常に長い期間鳴いています。
クロイワツクツクは九州(大隅南部)~沖縄本島に生息する南方系のセミで、他のセミより遅い時期に鳴き始めます。
ギリギリギリギリ・・・ギイッ、といったような、ゼンマイのような音の聞きなれないセミの声が聞こえたら、このセミです。

朝方散歩をすると、変わった形をした大きな白い花を見かけることもあります。
これは、カラスウリの花で、蛾を媒介とする花なので、夜から朝にかけて咲く、他の花とは一風変わった生活をしています。

カラスウリ (1)
カラスウリ

少し早起きしてみると、いろいろな出会いがあるかもしれません。

9月13日現在の日の出は6:01、日の入りは18:26です。



【コース状況】

●縄文杉コース(標高600~1300m)
9月12日 天気:雨時々曇 縄文杉デッキの気温:23℃(12:15 標高約1,300m) 風:南の風 登山者数:223名
●白谷雲水峡(標高600~1070m)
9月13日 天気:曇 太鼓岩の気温:24℃(12:15 標高1,050m) 風:西の風  


【登山道】

(縄文杉ルート)

・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)~荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/
屋久島の道路通行規制情報はこちら→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima

(縦走ルート)

・現在、新高塚避難小屋の付帯トイレは使用可能です。


【装備】 

・標高や風雨など天候によっては体感温度は低くなります。衣類は速乾用素材、防水、防寒、防風の装備をしっかりと用意して下さい。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライトをご用意ください。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。




2016年9月7日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2016年9月7日
担当ガイド:伊藤仁久

【周辺状況】

今週は3日から4日にかけ台風12号の接近で縄文杉の登山口への登山バスが2日間運休し、海や空の交通にも欠航が出ました。

ただ、今年は今回の台風まで屋久島に接近する台風がなく穏やかな夏でした。
8月は雨もあまり降らず、月降水量が49㎜で気象庁の記録で2番目に少ない月でした。
また、全国的に暑い夏でしたが屋久島でも8月の月平均気温は28.2℃で、これも2番目に高い記録になります。

宮之浦岳ルートでは屋久島の固有種、イッスンキンカやヤクシマアザミが咲いています。

イッスンキンカ2
イッスンキンカ

山頂近くの岩肌に生育するイッスンキンカは和名「一寸金花」の名前の通り高さ数センチで
アキノキリンソウを小型にしたような黄色い花がかわいらしいです。
ヤクシマアザミも里のノアザミより小さく草丈20センチ程です。

ヤクシマアザミ
ヤクシマアザミ

9月に入り標高1600m付近からススキの穂が出て、こちらも里のススキよりはずいぶん小ぶりで草丈は30センチほどです。
山頂付近は秋の気配が漂っています。

9月7日現在の日の出は5:58、日の入りは18:34です。



【コース状況】

●縄文杉コース(標高600~1300m)
9月6日 天気:曇り 縄文杉デッキの気温:22℃(11:30 標高約1,300m) 風:無風 登山者数:約380名
●白谷雲水峡(標高600~1,050m)
9月5日 天気:曇り後雨 太鼓岩の気温:20℃(12:30 標高1,050m) 風:南東の風 登山者数:約190名 


【登山道】

(縄文杉ルート)

・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)~荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/
屋久島の道路通行規制情報はこちら→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima

(縦走ルート)

・現在、新高塚避難小屋の付帯トイレは使用可能です。


【装備】 

・標高や風雨など天候によっては体感温度は低くなります。衣類は速乾用素材、防水、防寒、防風の装備をしっかりと用意して下さい。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライトをご用意ください。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。

Appendix

プロフィール

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR