FC2ブログ

Latest Entries

2020年2月26日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」

2020年2月26日
担当ガイド:伊藤 仁久


【コース状況】

●縄文杉コース(標高1300m)
2月24日 天気:晴れ 縄文杉デッキの気温:10℃(12:00 標高1300m) 風:北西の風 登山者数:約60名

●白谷雲水峡(標高1070m)
2月25日 天気:晴れ時々曇り 太鼓岩の気温:13℃(11:30 標高1070m) 風:南の微風 登山者数:約130名


【周辺状況】

23日は3連休のなか日で、縄文杉コースはこの時期としては多い150人程の登山者がありました。
17日に縄文杉で20㎝あった積雪もルート上にはほとんどなく、登山道から望む宮浦岳も谷筋に残雪が見られる程度です。

縄文杉コースから望む宮浦岳
縄文杉コースから望む宮浦岳


白谷雲水峡や縄文杉コースでは、屋久島の固有種オオゴカヨウオウレンがあちらこちらに咲いています。

オオゴカヨウオウレン
オオゴカヨウオウレン

直径1㎝弱の白い花で、草丈も5㎝程と小さくあまり目立つ花ではありません。
群生している所もあり、苔の上にちりばめられた白い花はとても可憐です。

3月に入ると少しずつ登山者も増えてきます。
今年も3月1日から縄文杉コースの荒川登山口へ向かう町道は通行規制がかかり、一般車の通行が不可になるのでご注意ください。
屋久杉自然館から登山バスが運行しますので、バスやタクシーなどの交通機関の利用となります。


2月26日現在の日の出は6:48、日の入りは18:14です。


【登山道】

(縄文杉ルート)
・昨年12月1日より2月29日まで、荒川登山口までの一般車車両乗り入れが可能です。
荒川登山口は駐車スペースが非常に少なく、場合によっては路上駐車をすることになります。
大型バスの乗り入れもあるため、通行の妨げにならないよう充分配慮して駐車して下さい。
また、積雪、凍結などの場合は車両通行止めになることもあります。

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→https://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/index

・屋久杉自然館前発着の荒川登山バスは、2019年12月1日(日)から2020年2月29日(土)までの期間、まつばんだ交通バスの路線バスが運行します。
運行区間:宮之浦~荒川登山口
詳しい運行時刻と運行状況につきましては、まつばんだ交通バス(0997-43-5000)まで直接お問い合わせください。

・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)から荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

・天候により、登山道の積雪、凍結の恐れがあります。積雪は数十㎝に及ぶことがあります。

(縦走ルート)
・暴風、積雪の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】

・標高1000m以上では、雪山装備が必要です。
積雪、凍結、悪天候に備え、縄文杉ルートでは、スパイクや軽アイゼン程度の滑り止め、ストック等、奥岳では6本爪以上のアイゼン、ピッケル等は必要です。万が一のビバーク用装備もお忘れなく。

・縄文杉ルートでも気温5℃以下、奥岳ルートでは0℃以下になることがあります。
衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。

・日照時間が短く、16時を過ぎると山中は薄暗くなってきます。
屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。

・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。
縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。

・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。

・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。


※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

2020年2月19日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」

2020年2月19日
担当ガイド:川原 大基


【コース状況】

●蛇の口滝コース
2月19日 天気:晴れ 蛇の口滝の気温:12℃(11:00 標高500m) 風:微風 登山者数:4名 積雪状況:0cm(蛇の口滝付近)

●白谷雲水峡
2月18日 天気:曇り 太鼓岩の気温:5℃(13:00 標高1070m) 風:北西の風 登山者数:約120名 積雪状況:5cm(太鼓岩付近)


【周辺状況】

先週から今週にかけて低気圧や停滞前線の影響で雨の日が続きました。
寒暖差も大きく、一日の最高気温の差が10℃以上になり、17日には縄文杉コースで積雪しています。

登山道ではサツマイナモリの白い花が咲き始めました。

2月19日 サツマイナモリ
2月19日 サツマイナモリ

同じ方向を向いているラッパのような花がかわいらしい植物です。
湿気の多い場所に生育しますので、水辺の近くで探してみてください。


また、コショウノキの白い花も咲き始めています。

2月19日 コショウノキ
2月19日 コショウノキ

登山道にみられる低木で、実が胡椒のように辛いことが名前の由来です。
低木ですので、歩いていて見つけやすい高さに花が咲きます。
数は多くありませんが、ぜひ探してみてください。

植物たちは春に向けての準備をしていますが、
標高の高い場所では積雪も見られますので、登山の際は冬装備の用意をお願いいたします。


2月19日現在の日の出は6:54、日の入りは18:08です。


【登山道】

(縄文杉ルート)
・昨年12月1日より2月29日まで、荒川登山口までの一般車車両乗り入れが可能です。
荒川登山口は駐車スペースが非常に少なく、場合によっては路上駐車をすることになります。
大型バスの乗り入れもあるため、通行の妨げにならないよう充分配慮して駐車して下さい。
また、積雪、凍結などの場合は車両通行止めになることもあります。

・屋久杉自然館前発着の荒川登山バスは、2019年12月1日(日)から2020年2月29日(土)までの期間、まつばんだ交通バスの路線バスが運行します。
運行区間:宮之浦~荒川登山口
詳しい運行時刻と運行状況につきましては、まつばんだ交通バス(0997-43-5000)まで直接お問い合わせください。

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→https://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/index

・天候により、登山道の積雪、凍結の恐れがあります。積雪は数十㎝に及ぶことがあります。

(縦走ルート)
・暴風、積雪の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】

・標高1000m以上では、雪山装備が必要です。
積雪、凍結、悪天候に備え、縄文杉ルートでは、スパイクや軽アイゼン程度の滑り止め、ストック等、奥岳では6本爪以上のアイゼン、ピッケル等は必要です。万が一のビバーク用装備もお忘れなく。

・縄文杉ルートでも気温5℃以下、奥岳ルートでは0℃以下になることがあります。
衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。

・日照時間が短く、16時を過ぎると山中は薄暗くなってきます。
屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。

・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。
縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。

・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。

・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。


※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

2020年2月12日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」

2020年2月12日
担当ガイド:高橋 亮


【コース状況】

●縄文杉コース

2月9日 天気:雨 縄文杉デッキの気温:5℃(11:30 標高1300m) 風:北風 弱風 登山者数:約60名 積雪状況:2cm(縄文杉デッキ付近)


【周辺状況】


先週、屋久島の山岳部では積雪や凍結があり、縄文杉コースでもチェーンスパイクなどの冬装備を使う登山となりました。

積雪のおかげで、屋久島で奥岳と呼ばれる山々の素晴らしい景色を見る事ができます。

奥岳は島の中心地にある標高の高い山のことで、里からはほぼ見えません。

そのため、白谷雲水峡の太鼓岩などから見える奥岳の景観は、登山者の特権と言えるでしょう。

2月6日 太鼓岩からの展望
2月6日 太鼓岩からの展望

白谷雲水峡は現在のところ積雪や凍結はなく、普段と変わらず登山を楽しむことができます。


里では2月に入り、たんかんの収穫が始まりました。

2月たんかんとモッチョム岳
2月たんかんとモッチョム岳

たんかんとは、ぽんかんとネーブルオレンジの自然交配種です。

屋久島では主に、比較的温暖な気候の南部にあるモッチョム岳周辺で栽培されています。

甘味と酸味のバランスが良く、果汁もたっぷりですので、屋久島に来られた際は是非ご試食ください。


気象庁の長期予報では、今後は気温が高くなる見込みですが、冬装備を忘れずに登山を楽しんでください。



【登山道】

(縄文杉ルート)
・昨年12月1日より2月29日まで、荒川登山口までの一般車車両乗り入れが可能です。
荒川登山口は駐車スペースが非常に少なく、場合によっては路上駐車をすることになります。
大型バスの乗り入れもあるため、通行の妨げにならないよう充分配慮して駐車して下さい。
また、積雪、凍結などの場合は車両通行止めになることもあります。

・屋久杉自然館前発着の荒川登山バスは、2019年12月1日(日)から2020年2月29日(土)までの期間、まつばんだ交通バスの路線バスが運行します。
運行区間:宮之浦~荒川登山口
詳しい運行時刻と運行状況につきましては、まつばんだ交通バス(0997-43-5000)まで直接お問い合わせください。

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→https://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/index

・天候により、登山道の積雪、凍結の恐れがあります。積雪は数十㎝に及ぶことがあります。

(縦走ルート)
・暴風、積雪の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】

・標高1000m以上では、雪山装備が必要です。
積雪、凍結、悪天候に備え、縄文杉ルートでは、スパイクや軽アイゼン程度の滑り止め、ストック等、奥岳では6本爪以上のアイゼン、ピッケル等は必要です。万が一のビバーク用装備もお忘れなく。

・縄文杉ルートでも気温5℃以下、奥岳ルートでは0℃以下になることがあります。
衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。

・日照時間が短く、16時を過ぎると山中は薄暗くなってきます。
屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。

・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。
縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。

・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。

・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。


※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

2020年2月5日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」

2020年2月5日
担当ガイド:荒木 宏介


【コース状況】

●縄文杉コース
2月2日 天気:曇り 縄文杉デッキの気温:4℃(11:30 標高1300m) 風:北西の風 登山者数:20名 積雪状況:10cm(縄文杉デッキ付近)
2月3日 天気:雨 縄文杉デッキの気温:5℃(11:30 標高1300m) 風:無風 登山者数:22名 積雪状況:2cm(縄文杉デッキ付近)

●白谷雲水峡
1月30日 天気:あられ 太鼓岩の気温:6℃(13:00 標高1070m) 風:北西の強風 登山者数:約60名 積雪状況:2cm(太鼓岩付近)


【周辺状況】

2月3日は節分でした。季節の分かれ目で寒い冬がやわらぎ、春の始まりの日。
しかし今年は歴通りにはいかないようですね。全国的にまた寒気が流れ込み、強く冷え込むようです。

屋久島の山岳部では、1月30日ごろから寒気の影響で積雪がありました。

宮之浦岳周辺の積雪 2月2日
宮之浦岳の積雪 2月2日

宮之浦岳の山頂(1936m)では、年間の平均気温が6℃台と北海道並みの亜寒帯に近い気候となります。
真っ白く雪化粧された屋久島の奥岳と呼ばれる山々は、さもアルプス山脈のようです。

2月2日は縄文杉周辺で、10cmほどの積雪が残っていました。

縄文杉周辺の積雪 2月2日
縄文杉周辺の積雪 2月2日


まだまだ寒さが続き、登山口へ向かう道路が車両通行止めになったり、空や海の交通の欠航も予想されます。
登山道でも積雪、凍結がありますのでアイゼンやゴムスパイクといった冬装備が必要です。
最新の情報を確認のうえ、十分な装備と時間に余裕をもって安全に冬の屋久島を楽しんで下さい。


2月5日現在の日の出は7:07、日の入りは17:57です。


【登山道】

(縄文杉ルート)
・昨年12月1日より2月29日まで、荒川登山口までの一般車車両乗り入れが可能です。
荒川登山口は駐車スペースが非常に少なく、場合によっては路上駐車をすることになります。
大型バスの乗り入れもあるため、通行の妨げにならないよう充分配慮して駐車して下さい。
また、積雪、凍結などの場合は車両通行止めになることもあります。

・屋久杉自然館前発着の荒川登山バスは、2019年12月1日(日)から2020年2月29日(土)までの期間、まつばんだ交通バスの路線バスが運行します。
運行区間:宮之浦~荒川登山口
詳しい運行時刻と運行状況につきましては、まつばんだ交通バス(0997-43-5000)まで直接お問い合わせください。

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→https://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/index

・天候により、登山道の積雪、凍結の恐れがあります。積雪は数十㎝に及ぶことがあります。

(縦走ルート)
・暴風、積雪の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】

・標高1000m以上では、雪山装備が必要です。
積雪、凍結、悪天候に備え、縄文杉ルートでは、スパイクや軽アイゼン程度の滑り止め、ストック等、奥岳では6本爪以上のアイゼン、ピッケル等は必要です。万が一のビバーク用装備もお忘れなく。

・縄文杉ルートでも気温5℃以下、奥岳ルートでは0℃以下になることがあります。
衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。

・日照時間が短く、16時を過ぎると山中は薄暗くなってきます。
屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。

・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。
縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。

・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。

・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。


※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

2020年1月29日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」

2020年1月29日
担当ガイド:伊藤 仁久


【コース状況】

●縄文杉コース
1月28日 天気:雨 縄文杉デッキの気温:8℃(11:30 標高1300m) 風:北西の風 登山者数:12名

●白谷雲水峡
1月26日 天気:雨 太鼓岩の気温:10℃(13:00 標高1070m) 風:微風 登山者数:45名


【周辺状況】

1月下旬は1年で最も寒い時期ですが、23日からは雨の日が多く季節はずれの「菜種梅雨」となりました。

27日は前線を伴った低気圧の通過で、朝の6時20分まで1時間に33.5ミリの激しい雨が降り大雨警報が発令。
宮之浦岳や縄文杉、白谷雲水峡へ通じる県道が一時通行止めになりました。

島の南部にあるトローキの滝も水量が増し、モッチョム岳を背景に迫力のある光景が見られました。

モッチョム岳とトローキの滝
モッチョム岳とトローキの滝

午後には晴れ間も広がり、最高気温は23.9℃まで上がって平年の5月上旬の陽気となりました。


海岸から里山周辺では、九州南部以南に自生するサツマサンキライの花が咲いています。

サツマサンキライ
サツマサンキライ

葉はヨモギ団子をくるんだ「カカラン団子」と呼ばれる郷土菓子に利用されます。

29日以降の九州南部は、平年並みの気温になる予報です。
寒暖の差がありますので体調に気をつけ、天候に合わせた装備でお出かけください。


1月29日現在の日の出は7:11、日の入りは17:51です。


【登山道】

(縄文杉ルート)
・昨年12月1日より2月29日まで、荒川登山口までの一般車車両乗り入れが可能です。
荒川登山口は駐車スペースが非常に少なく、場合によっては路上駐車をすることになります。
大型バスの乗り入れもあるため、通行の妨げにならないよう充分配慮して駐車して下さい。
また、積雪、凍結などの場合は車両通行止めになることもあります。

・屋久杉自然館前発着の荒川登山バスは、2019年12月1日(日)から2020年2月29日(土)までの期間、まつばんだ交通バスの路線バスが運行します。
運行区間:宮之浦~荒川登山口
詳しい運行時刻と運行状況につきましては、まつばんだ交通バス(0997-43-5000)まで直接お問い合わせください。

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→https://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/index

・天候により、登山道の積雪、凍結の恐れがあります。積雪は数十㎝に及ぶことがあります。

(縦走ルート)
・暴風、積雪の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】

・標高1000m以上では、雪山装備が必要です。
積雪、凍結、悪天候に備え、縄文杉ルートでは、スパイクや軽アイゼン程度の滑り止め、ストック等、奥岳では6本爪以上のアイゼン、ピッケル等は必要です。万が一のビバーク用装備もお忘れなく。

・縄文杉ルートでも気温5℃以下、奥岳ルートでは0℃以下になることがあります。
衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。

・日照時間が短く、16時を過ぎると山中は薄暗くなってきます。
屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。

・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。
縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。

・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。

・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。


※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR