FC2ブログ

Latest Entries

2019年5月15日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2019年5月15日
担当ガイド:荒木 宏介


【コース状況】

●宮之浦岳コース(標高1936m)
5月11日 天気:曇り時々晴れ 宮之浦岳山頂の気温:12℃(11:30 標高1936m) 風:北東の風 登山者数:約40名 

●縄文杉コース(標高1300m)
5月14日 天気:弱雨 縄文杉デッキの気温:14℃(11:30 標高1300m) 風:南東の風 登山者数:約200名 

●白谷雲水峡(標高1070m)
5月14日 天気:雨 太鼓岩の気温:12℃(13:00 標高1070m) 風:南の強風 登山者数:370名 



【周辺状況】

5月14日ごろ奄美大島が梅雨入りし、沖縄より早い梅雨入りとなりました。
屋久島(九州南部)の梅雨入りは、例年では5月31日ごろ、昨年は6月5日ごろとなっています。


島でありながら九州最高峰を有する屋久島では、山の高さにより様々な植物の花を楽しむことができます。

宮之浦岳などの奥岳への登山道では、ヤクシマミツバツツジが見ごろを迎えています。

ヤクシマミツバツツジ1宮之浦岳登山道5月11日

ヤクシマミツバツツジ2宮之浦岳登山道5月11日
ヤクシマミツバツツジ 宮之浦岳登山道 5月11日

サイゴクミツバツツジの変種で、環境省絶滅危惧Ⅱ類(VU)指定。
鮮やかな赤紫色の花は、緑と花崗岩の露出した山肌に映え、疲れた体にほっと元気を与えてくれるようです。

屋久島では、日本列島が凝縮されているといわれるその幅広い気候によって、植生の多様性に富んだ垂直分布をつくりだしています。
高山に咲くヤクシマシャクナゲやヤクシマミツバツツジなどは、厳しい環境に適応して進化した屋久島の固有種です。

5月下旬には、屋久島の町花ヤクシマシャクナゲが見頃を迎え始めます。
年により花の付き具合にバラツキがありますが、今年はどのように山を彩ってくれるか今から楽しみです。


5月15日現在の日の出は5:24、日の入りは19:05です。



【登山道】

(縄文杉ルート)
・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)から荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima
・天候により、登山道の積雪、凍結の恐れがあります。

(縦走ルート)
・暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】 

・縄文杉ルートでも気温10℃以下、奥岳ルートでは5℃以下になることがあります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。奥岳登山時は万が一のビバーク装備をお忘れなく。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。


2019年5月8日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2019年5月8日
担当ガイド:伊藤 仁久


【コース状況】

●宮之浦岳コース(標高1936m)
5月5日 天気:曇り時々晴れ 宮之浦岳山頂の気温:13℃(11:30 標高1936m) 風:北東の風 登山者数:約70名 

●縄文杉コース(標高1300m)
5月7日 天気:晴れ 縄文杉デッキの気温:15℃(11:00 標高1300m) 風:無風 登山者数:約80名 

●白谷雲水峡(標高1070m)
5月6日 天気:曇り 太鼓岩の気温:15℃(11:30 標高1070m) 風:無風 登山者数:約300名 



【周辺状況】

10連休前半は雨の日が多く航空便に欠航が出ることもありましたが、後半の2日からは晴天に恵まれ
縄文杉に向かう登山道からは、青空を背景に宮之浦岳が望めました。

縄文杉ルートから望む宮之浦岳5月3日
縄文杉ルートから望む宮之浦岳5月3日


連日、縄文杉コースや白谷雲水峡は多くの登山者で賑わい、撮影ポイントやトイレは混雑しました。

登山者で賑わう苔むす森5月4日
登山者で賑わう苔むす森5月4日

しかし縄文杉の登山者数は5月2日が700人越えで最も多く、例年ピークとなる5月4日は600人弱と
連休が長かったこともあり、今年は分散傾向でした。


多くの人が行き交うトロッコ軌道の足元にはコバノタツナミの淡紫色の花が咲いています。

コバノタツナミ
コバノタツナミ

花の様子が泡立って寄せてくる波に見立てタツナミソウ(立浪草)の名があります。
10連休が終わり、屋久島の森も静けさが戻ってきました。

登山の途中で足を止めて、足元に咲く花との出会いを楽しんで下さい。


5月8日現在の日の出は5:29、日の入りは19:01です。



【登山道】

(縄文杉ルート)
・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)から荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima
・天候により、登山道の積雪、凍結の恐れがあります。

(縦走ルート)
・暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】 

・縄文杉ルートでも気温10℃以下、奥岳ルートでは5℃以下になることがあります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。奥岳登山時は万が一のビバーク装備をお忘れなく。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。


2019年5月1日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2019年5月1日
担当ガイド:川原 大基


【コース状況】

●縄文杉コース(標高1300m)
4月29日 天気:雨 縄文杉デッキの気温:16℃(11:00 標高1300m) 風:西の風 登山者数:578名 

●白谷雲水峡(標高1080m)
4月30日 天気:雨 太鼓岩の気温:18℃(11:30 標高1070m) 風:西の風 登山者数:約600名 



【周辺状況】

4月27日からゴールデンウィークが始まり、屋久島には観光や登山のために多くの人が訪れています。
28日は645名、29日は578名の登山者が入山しました。

5月1日 GW混雑
5月1日 GW混雑

登山道は非常に多くの人で込み合っていますので、すれ違いの際はマナーを守って安全な登山を楽しみましょう。


暖かい日が多くなり、登山道では様々な花が見られるようになってきました。
木陰に葉を生い茂らせ、小さな白い花を咲かせているのはハイノキです。

5月1日 ハイノキ
5月1日 ハイノキ
ハイノキの名前の由来は、この木を燃やして出た灰を使って染め物の媒体としていたため、”灰の木”と名付けられました。

また、釣鐘型の小さな花が並んで咲いているのは、アセビの花です。

5月1日 アセビ
5月1日 アセビ
漢字で”馬酔木”と書き、花にはアセボトキシンという毒が含まれます。
この花を食べた馬が中毒を起こし、酔ったような様子になることが名前の由来です。

この2種類の植物は、野生では屋久島が分布の南限となっています。
島を分布の南限地とする植物は約200種類確認されていて、
北方系植物と南方系植物の分布境界線が屋久島と奄美群島の間にあると考えられています。

島同士の間だけでなく、屋久島の中にも植生が大きく変わる要因があります。
海岸線付近はガジュマルやメヒルギ、イソマツなど亜熱帯植物が生育し、
標高500m付近までは照葉樹林、500mから1000mの間は針葉樹と広葉樹が混ざった移行帯、

1000mより高い場所はスギやモミを主とする針葉樹林、1800mを超えると森林限界を超えヤクシマダケの草原となります。
標高の違いによる気温の変化がこうした植生の違いを生み出しており、植物の垂直分布と言います。


登山の際には亜熱帯の森から高山帯まで、景観の変化も楽しみながら歩いてみて下さい。


5月1日現在の日の出は5:34、日の入りは18:54です。



【登山道】

(縄文杉ルート)
・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)から荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima
・天候により、登山道の積雪、凍結の恐れがあります。

(縦走ルート)
・暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】 

・縄文杉ルートでも気温10℃以下、奥岳ルートでは5℃以下になることがあります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。奥岳登山時は万が一のビバーク装備をお忘れなく。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。


2019年4月24日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2019年4月24日
担当ガイド:荒木 宏介


【コース状況】

●縄文杉コース(標高1300m)
4月23日 天気:曇りのち雨 縄文杉デッキの気温:10℃(11:00 標高1300m) 風:微風 登山者数:159名 

●白谷雲水峡(標高1080m)
4月22日 天気:晴れ 太鼓岩の気温:17℃(12:00 標高1070m) 風:北西の微風 登山者数:約200名 



【周辺状況】

高気圧に覆われたここ一週間は、晴天の日が多くなりました。
山では、リョウブ、ナナカマド、ヤクシマオナガカエデなどの木々の新緑が美しく、薄みどり色の葉がとても鮮やかです。
気温も穏やかで、そよ風も清々しく、快適な山登りが楽しめます。


縄文杉コースの小杉谷付近で、「アリドオシ」が可愛らしい白い花を咲かせています。

アリドオシ4月21日縄文杉ルート
アリドオシ 4月21日 縄文杉ルート

葉の付け根に長くて鋭いトゲがあるのが特徴で、このトゲが蟻(あり)をも刺し通すとして「蟻通し」と名付けられました。
正月には、センリョウ、マンリョウと共にこれを飾り、「千両、万両、有り通し(=年中お金に困らない)」と洒落込んだそうです。


またその近くに、生薬にも使われた「キランソウ」が咲いています。

キランソウ4月21日縄文杉ルート
キランソウ4月21日縄文杉ルート

採取時期:3~5月の開花期、作り方:地上部の全草を水洗い後、日干しにする。
解熱、健胃、下痢、腹痛、高血圧にも効果があると言われています。
「ジゴクノカマノフタ」と呼ばれ、人々を助けて地獄へ行くのを防いでくれるからという説もあるそうです。

ゲンに担ぐの実、効用のある花など、人々は植物と共に生活にしていたようです。


いよいよ、来週末からゴールデンウィークがはじまります。今年は日本史上最大の大型連休!
タイムスケジュールが計画どおりにならないことも多々あると思われるので、時間には十分に余裕を持って行動してください。
白谷雲水峡、縄文杉ルートのウィルソン株や縄文杉付近は大変混みあいますので、お互いを想いあった行動をお願い致します。


4月24日現在の日の出は5:41、日の入りは18:55です。



【登山道】

(縄文杉ルート)
・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)から荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima
・天候により、登山道の積雪、凍結の恐れがあります。

(縦走ルート)
・暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】 

・縄文杉ルートでも気温10℃以下、奥岳ルートでは5℃以下になることがあります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。奥岳登山時は万が一のビバーク装備をお忘れなく。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

2019年4月17日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2019年4月17日
担当ガイド:伊藤 仁久


【コース状況】

●縄文杉コース(標高1300m)
4月16日 天気:曇り 縄文杉デッキの気温:13℃(11:00 標高1300m) 風:微風 登山者数:約80名 

●白谷雲水峡(標高1080m)
4月16日 天気:曇り 太鼓岩の気温:11℃(12:30 標高1070m) 風:東の風 登山者数:約270名 



【周辺状況】

4月10日は前線の通過で大気の状態が非常に不安定となり、
早朝には大雨洪水警報が発令され縄文杉の荒川登山口に向かう登山バスが運休しました。

また、最大瞬間風速が26mを越える春の嵐となりました。


縄文杉ルートの森林軌道沿いではヒカゲツツジの花が咲き始めています。

ヒカゲツツジ
ヒカゲツツジ

ツツジには珍しい淡黄色の花は上品な感じがします。


屋久島では春から初夏にかけ種々のツツジの仲間が開花します。
海岸から標高1600m付近にかけ広い範囲に生育するサクラツツジ。
明るい河原に咲くサツキ。標高1700m付近の森林限界を越えた高所ではヤクシマミツバツツジやホツツジ。

5月下旬から6月上旬の梅雨入りの頃には屋久島の町の花ヤクシマシャクナゲと、
一つの島の中で標高などの生育環境の違いによって様々な花を楽しむことができます。


4月17日現在の日の出は5:49、日の入りは18:47 です。


【登山道】

(縄文杉ルート)
・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)から荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

・屋久島の道路通行規制情報はこちら
→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima
・天候により、登山道の積雪、凍結の恐れがあります。

(縦走ルート)
・暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】 

・縄文杉ルートでも気温10℃以下、奥岳ルートでは5℃以下になることがあります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。奥岳登山時は万が一のビバーク装備をお忘れなく。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191、http://www.yakushima-guide.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR