Entries

縄文杉 傘寿の挑戦

縄文杉 傘寿の挑戦2012年11月27日担当ガイド:大木信介埼玉県よりお越しの親子三名様を縄文杉にご案内して参りました。お母様は御歳80歳!傘寿の記念の縄文杉登山です。娘さんお二人との参加でした。今回はゆっくり歩くためにも専属ガイドで御依頼頂きました。色々とお話を伺うと詩舞を30年、今もテニスを楽しまれているというとっても元気なおばあちゃん、歩きもとってもしっかりしていらっしゃいました。往復22㌔、標高差700m、...

2012年11月28日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」です2012年11月28日担当ガイド:前田史和【周辺状況】■先週末は3連休だったこともあり、屋久島は久しぶりに多くの観光客でにぎわいました。中日の24日には縄文杉を訪れた登山者は600名程でした。天候が安定せず小雨が降った日もありましたが、森の中では久しぶりの雨に苔が活き活きしている様子が観察できました。連休最終日は晴れて、縄文杉コースの途中からは、宮之浦岳など奥岳もはっ...

2012年11月20日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」です2012年11月20日担当ガイド:伊藤仁久【周辺状況】■日によっては、北西の強い風が吹き、冬の気配を感じる季節になってきました。白谷雲水峡などの森の中では、葉をすべて落とし、冬支度の終わった木や今まさに紅葉のピークを迎えている木などが見られます。一方、奥岳の宮之浦岳ルート(19日)では、雲ひとつない青空が広がり、風は冷たいものの暖かい日差しが射し、お客様も大満足の...

秋深し縄文杉

秋深し縄文杉2012年11月14日担当ガイド:大木信介神奈川県からお越しの女性お二人を縄文杉に御案内して参りました。冬型が強まり、屋久島も非常に冷え込んだ一日となりました。屋久杉自然館5時発のバスに乗り、暗い中の出発となりました。小杉谷橋の上で御来光を見ることが出来ました!小杉谷橋。花崗岩の川原がとても素敵です。トロッコ道沿いの苔の名所。しっとりと美しい。ヤクジカが出てきました。小杉谷の美しい植林とトロッ...

2012年11月13日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」です2012年11月13日担当ガイド:斎藤栄司【周辺状況】■11月7日は立冬、暦の上では冬の始まりです。屋久島では11月に入ると冷たい北西の季節風が吹くことが多くなり、平地で最高気温が20℃以下になってきます。屋久島の冬の気候は,北西側は大陸からの冷たい季節風を受け悪天候の日が多くなり、南側はフェーン現象で小春日和となります。島の中央に高い山のある屋久島では、本州の日本海側気...

光降る白谷雲水峡

光降る白谷雲水峡2012年11月12日 担当ガイド:大木信介白谷雲水峡に親子二名様を御案内して参りました。前日は体力勝負の縄文杉ツアーに参加されたお二人、本日はのんびりと森林浴と美しい苔の谷を楽しんでいただきたいコースです。出発から大雨だった前日の縄文杉、本日は天気も良く、雨で洗われた空気がとても爽やかです。登山口に向かう途中のビューポイントから。宮之浦の集落が見えます。道端にはヤクザルの群れ、温かいコン...

2012年11月6日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」です2012年11月6日担当ガイド:駒野英昭【周辺状況】屋久島も秋が深まっており、朝晩は10℃前後まで冷え込む日が多くなりました。森で出合うヤクシカ達は、林床を探りながら、採餌に一生懸命です。南国のイメージのある屋久島ですが、12月末にもなると、山には雪が降ることがあります。標高500m付近から積雪がみられ、奥岳では、年よっては数mの積雪になることもあります。そんな厳しい状...

秋・快晴の宮之浦岳

秋・快晴の宮之浦岳2012年10月27日 担当ガイド:大木信介日帰りで宮之浦岳に行って参りました。秋のよく晴れた快適な一日でしたさっそくヤクザルが出迎えてくれました。高盤岳の豆腐岩。黒味岳展望台。今回のお客様。三人の素敵なレディー達です。前日は御自分達で縄文杉を往復した頑張り屋さん達です。小花之江河に到着ヤクジカがいました。振り返ると豆腐岩が見えます。ナナカマドの紅葉。常緑樹の多い屋久島ですが、所々綺麗に...

2012年10月31日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」です2012年10月31日担当ガイド:大木信介【周辺状況】現在縄文杉ルートや白谷雲水峡の登山道では、ヤクシマオナガカエデの紅い葉やハリギリの黄色い葉が足元を彩り、日に日に秋が深まっています。屋久島のシンボル・縄文杉では、着生植物が紅葉し、ナナカマドの紅など、秋の短い期間にしか見られない神秘的な姿を見せてくれています。紅葉をまとった縄文杉また屋久島の森でもっとも目立つ...

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR