FC2ブログ

Entries

ツアーレポート 縄文杉 冬の陽だまりトレッキング

ツアーレポート 縄文杉 冬の陽だまりトレッキング2013年1月28日担当ガイド:大木信介週末は雪に見舞われた屋久島山間部ですが、久しぶりの晴天に恵まれました。本日は山梨からの女性、東京からの男性のお二人様を縄文杉までご案内して参りました。小杉谷橋からの御来光。現在屋久島の日の出は7時10分過ぎ、西に位置する屋久島は東京に比べると約30分ほど遅くなります。荒川登山口からうっすらと雪が積もっていましたので初めか...

2013年1月29日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」です2013年1月29日担当ガイド:大木信介【周辺状況】■先週末再び屋久島の山間部では降雪がありましたが、28日、29日は快晴となり爽やかな小春日和、雪はまた融けてしまいそうです。降っては融けを繰り返し、今年はなかなか根雪にならず暖冬となっています。今年は荒川登山口までの雪による通行止めが少なく、縄文杉の冬期登山の当たり年となっています。ハイシーズンでは味わえない静寂な...

ツアーレポート 屋久島大縦走 後篇

ツアーレポート 屋久島大縦走 後篇2013年1月22~24日担当ガイド:大木信介2013年1月23日 新高塚小屋~宮之浦岳~淀川小屋前日に散々お神酒を上げましたが、残念ながら晴れませんでした(笑)。本日は屋久島の主稜線を縦走し、淀川小屋までです。晴れていたらご来光を稜線で!の予定でしたが曇り模様、今日も森を観察するためにゆっくりめに出発しました。出発早々異形の巨木達に見入ります。岩の上にも木々が・・・、これも屋久島な...

ツアーレポート 屋久島大縦走 前篇

ツアーレポート 屋久島大縦走 前篇2013年1月22~24日担当ガイド:大木信介宮之浦岳を登りたい!そんな熱いご依頼を受けました。神奈川県のIさんです。休みの関係で厳冬期1月のご依頼、雪が2mも積もることがある季節です。昨年11月にご相談いただいて以来打ち合わせを続けてきました。大雪対策です。しかし、今年の屋久島は暖冬が続き、大雪は杞憂に終わりました。良かったのか悪かったのか、雪はほとんどありませんでした・・・。...

2013年1月22日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」です2013年1月22日担当ガイド:伊藤仁久【周辺状況】■1月20日は一年で最も寒さが厳しいとされる大寒でした。17日から18日にかけ西日本にも強い寒気が流れ込み、福岡で3センチの積雪を観測するなど、九州ではこの冬初めての本格的な積雪となりました。屋久島でも山岳部で雪となり縄文杉で10㎝の積雪がありました。また、18日は荒川登山口へ向う道路が積雪・凍結のため通行止めになりました...

屋久島ツアー決定版 観光の一日

屋久島ツアー決定版 観光の一日2013年1月15日担当ガイド:前田史和「屋久島ツアー決定版」にお申込みいただきました広島在住のお二人を島内観光にご案内して参りました。「屋久島ツアー決定版」は弊社のオリジナルツアーで三日間を通して屋久島を満喫していただきます。初日の白谷雲水峡で苔と森を存分に楽しみ、二日目は森の王・縄文杉とご対面です。最終三日目は島内観光にご案内致します。個人の観光ではなかなか訪れることの...

ツアーレポート 雪化粧の縄文ルート

ツアーレポート 雪化粧の縄文ルート2013年1月18日担当ガイド:大木信介屋久島は久しぶりの雪に見舞われました。17日の夕方から降り始めた雪が積もり、縄文杉ルートは荒川登山口から雪の歩行となりました。今日のお客様は神奈川からの女性お一人さま、昨年夏にお父様が弊社ツアーで宮之浦岳を縦走されました。その時は台風で大変だったそうです。雪は降りましたが本日は絶好の登山日和です。8.5kmのトロッコ道。登山靴にスパイクを...

ツアーレポート 縄文杉 小春日和の一日

縄文杉 小春日和の一日2013年1月16日担当ガイド:大木信介15日の快晴に続き、屋久島は16日も好天に恵まれました。本日は北海道からお越しのお二人さまを縄文杉にご案内して参りました。この時期は冬休みの長い北海道からのお客さまが多くなります。北の大地のお話、とても面白いです。南岸低気圧の影響で屋久島の雪はほとんど融けてしまい、稜線の谷間に少し残っている程度となりました。現在縄文杉ルートには雪はまったくありま...

ツアーレポート 光輝く白谷雲水峡の一日

光輝く白谷雲水峡の一日2013年1月15日担当ガイド:大木信介大雪を降らせた爆弾低気圧は東海上へ去り、屋久島は朝から爽やかな晴天に恵まれました。本日は神戸からお越しの御夫婦を白谷雲水峡にご案内して参りました13日は大雨の中ヤクスギランドへ、14日も大雨の中縄文杉に行ってきたお二人、ようやくの晴天です。連休明けの白谷は人も少なく、森を楽しむには最高の条件でした。光そそぐ白谷雲水峡。こんなにきれいに光輝いている...

2013年1月15日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」です2013年1月15日担当ガイド:駒野英昭【周辺状況】 13日は真冬にしては温かい雨が終日降りつづき、翌14日は屋久島を通過した低気圧が急激に発達した影響で秒速10mを超える北西の強風が吹き荒れるなど、天候の変化がめまぐるしい今年最初の3連休でした。 気温が全般的に高い日が多く、15日現在、標高1936mの宮之浦岳山頂付近にも雪がないなど、ここ数年でもっとも雪が少ない冬を迎え...

ツアーレポート 縄文杉 雨の魅力 

ツアーレポート 縄文杉 雨の魅力2013年1月13日担当ガイド:大木信介屋久島は爆弾太低気圧の通過で昨日から大荒れ、現在もまだ強風が吹き荒れています。フェリー、高速船は全て欠航となりました。風は残りそうですが、午後からは天候も回復しそうです。昨日はそんな雨の中、縄文杉に行ってまいりました。縄文杉ルートは森に守られているため、雨風の影響は少なく、縄文杉に出会うことが出来ます。「雨は屋久島のスタンダード」と...

ツアーレポート 北海道礼文島から「あつもん」がやってきました!?

ツアーレポート北海道礼文島から「あつもん」がやってきました!?2013年1月10日担当ガイド:斉藤栄司北海道礼文島出身のMさんを縄文杉にご案内しました。遠方から屋久島に来る方も多く、うれしいかぎりです。映画「いま、会いにゆきます」(主演:竹内結子、中村獅童)のジャケット撮影が行われた場所で一枚。門のように並んだ屋久杉が異次元への入り口のようです。いよいよ縄文杉とご対面。この日は登山者が十数名と少なくゆっ...

屋久島の伝統行事 「鬼火焚き」

屋久島の伝統行事 「鬼火焚き」2013年1月7日担当ガイド:大木信介お正月7日の夕方、屋久島の各集落で恒例の鬼火焚き(おにびたき)が行われます。鬼火焚きは、正月用の飾りなどを集めて海岸や広場で焼く火祭りです。柱の先に鬼の顔を描いた絵を付けていて、それを燃やし、鬼(悪霊)を追い払い、健康を祈願するという意味がこめられています。鬼の絵集落ごとに少しずつ風習が異なります。本日は南部の原(はるお)集落にお邪魔し...

2013年1月7日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」です2013年1月7日担当ガイド:前田史和【周辺状況】■ここ1週間は冬型の気圧配置でややぐずついた空模様の屋久島ですが、今年に入って大きな降雪はありません。現在のところ今冬の屋久島の降雪量は例年よりも少なめです。登山者数も少なく、静寂な中で冬の屋久島の森を楽しむことができます。屋久島最南部に位置する蛇之口滝ハイキングコースでは、小さいながらも雪のような白さで自己主張...

ツアーレポート 大晦日の縄文杉

ツアーレポート 大晦日の縄文杉2012年12月31日担当ガイド:大木信介2012年大晦日、大阪と東京からお越しのお客様を縄文杉にご案内して参りました。日の出前、まだ真っ暗な荒川登山口を出発。トロッコ道を半分すすんだ頃から霰(あられ)が降り始めました。8.5kmのトロッコ道を終え、山道に入る頃には雪も積もり始めました。ゴムスパイクを装着して進みます。うっすらと雪化粧のウィルソン株。今年最後となるウィルソン株のハート...

ツアーレポート 小春日和の宮之浦岳縦走 後篇

ツアーレポート 小春日和の宮之浦岳縦走 後篇2012年12月28~29日 担当ガイド:大木信介2012年12月29日 御来光~永田岳~宮之浦岳~黒味岳~淀川登山口~紀元杉永田岳を登頂し、次は最高峰の宮之浦岳を目指します。とても穏やかなな気候で季節を忘れてしまいます。まさに「小春日和」、稜線を歩くには最高の日です。宮之浦岳山頂。最後の日本百名山にして九州の最高峰でもあります。種子島もくっきり、360°見渡すと海と深い森!...

ツアーレポート 小春日和の宮之浦岳縦走 前篇

ツアーレポート 小春日和の宮之浦岳縦走 前篇2012年12月28~29日 担当ガイド:大木信介2012年12月末に宮之浦岳縦走に東京からお越しのお客様と出掛けて参りました。この時期は奥岳とよばれる屋久島の稜線の山々は冬山となり、とても難しい季節です。お客様は12本爪のアイゼンとピッケル持参でご参加頂きましたが、幸いにも初日の季節外れの温かい低気圧で12月中旬に積もった雪は大方融け、無事縦走する事が出来ました。2012年12...

2013年1月1日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」です2013年1月1日担当ガイド:大木信介【周辺状況】■新年あけましておめでとうございます。12月に積もった雪は昨年暮れの低気圧で一旦は融けたものの、大晦日の降雪で標高900m以上では再び雪の世界となり、屋久島の山々は冬の装いでお正月を迎えることができました。屋久島では霰(あられ)混じりの雪が多く、常緑樹で覆われた森の下では落葉樹の森では聞けない「サラサラ」という霰が葉...

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR