FC2ブログ

Entries

秘境「蛇之口滝」

秘境「蛇之口滝」2014年2月22日 担当ガイド:大木信介本日は屋久島3度目のリピーターさんを蛇之口滝にご案内して参りました。前回は2012年11月末に宮之浦岳をご一緒しました。縄文杉や白谷雲水峡など、メジャールートの次は屋久島の秘境へご案内です。蛇之口滝は屋久島三大名瀑の一つに数えられます。「大川の滝」「千尋の滝」「蛇之口滝」、どれも見事な滝ですが、蛇之口滝は2時間以上歩いてようやくその優雅な姿を見ることができ...

2014年2月26日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」2014年2月26日担当ガイド:大木信介【周辺状況】■22日未明にかけて山間部では雪が降り、標高1300mの縄文杉付近で5cmの積雪となりました。その後は好天が続き、縄文杉コースではルート上に雪はなく、問題ありません。奥岳の稜線には雪が残っていますのでご注意ください。今冬季中、縄文杉付近での積雪は最大で40cm程度、平年に比べると雪の大変少ない年となりました。縄文杉コースの荒川...

霧の白谷雲水峡

霧の白谷雲水峡2014年2月18日担当ガイド:大木信介本日は兵庫県からお越しの女性3名様を白谷雲水峡へご案内して参りました。卒業旅行で屋久島を訪れた三人、苔の森をたっぷりと楽しんで下さい。霧の楠川歩道から「苔むす森(もののけ姫の森)」を目指します。朝から雨ですが、ガッカリすることはありません。雨が霧を呼び、霧が森を魅惑的に引き立てます。白谷雲水峡は雨が降ったらラッキーです。ここは人気の撮影ポイントですが、...

2014年2月19日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」2014年2月19日担当ガイド:大木信介【周辺状況】■山中ではリンゴツバキが花期を迎えています。リンゴツバキはヤブツバキの変種とされ、果実が大きく直径7~8cmにも達します。熟期が近づいて赤褐色に色づくとリンゴ(林檎)のように見えるため、その名がつけられました。ヤクシマツバキが正式な和名ですが、屋久島のみの固有種ではなく中国地方西南部や四国・九州にも自生します。リンゴ...

雪と霧の森、縄文杉

雪と霧の森、縄文杉2014年2月12日担当ガイド:大木信介本日は京都からお越しのお客様を縄文杉にご案内して参りました。トロッコ道を終え、山道に入りました。ウィルソン株に到着です。前日に雪が降り、久々の雪道となりました。常緑樹の森の雪化粧、南国屋久島ならではの景観です。職業が「庭師」のお客様、自然の美に感激されていました。本日は朝から弱い雨です。雨は霧をよび、霧は森のもう一つの表情をみせてくれます。屋久島...

2014年2月11日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」2014年2月11日担当ガイド:大木信介【周辺状況】■2月10日に雨が降りました。山岳部も日中は雨だったのですが、夜間は冷え込んだので、11日には雪が積もりました。標高900m付近でも5cm以上の積雪があります。11日には、ヤクスギランド~淀川登山口までの道路が通行止めになっています。山に入る方は、十分な装備をし、無理をせず冬の屋久島を楽しんでください。今、縄文杉ルートや白谷雲水...

2014年2月5日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」2014年2月5日担当ガイド:伊藤仁久【周辺状況】■2月に入り春を思わせる暖かい日が続き、縄文杉ルートにも雪がありません。里ではレンゲや菜の花が路傍を彩っています。中でもヒカンザクラ(緋寒桜)が満開で、鮮やかな緋紅色の花に蜜を目当てに虫やメジロが集まっています。気象庁が行う桜の開花状況も沖縄と奄美地方ではヒカンザクラで観測されています。カンヒザクラ2月4日は立春。暦の...

白谷雲水峡 癒しの森

白谷雲水峡 癒しの森2014年2月3日担当ガイド:大木信介本日は東京からお越しのご家族4名様を白谷雲水峡にご案内して参りました。親子3世代、苔の森を楽しみましょう!天候にも恵まれ、森は木漏れ日の柔らかい光に包まれていました。せせらぎと緑一色の世界。「くぐり杉」その名の通り二股に分かれた杉の根をくぐり抜けます。大きな倒木の上に杉が生え、長い年月で倒木が腐ってなくなり、くぐり穴が残りました。屋久島の森ではよく...

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR