FC2ブログ

Entries

2013年4月3日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」です
2013年4月3日
担当ガイド:伊藤仁久


【周辺状況】

●春休みに入り、縄文杉ルートや白谷雲水峡の新緑の森に、元気いっぱいの子供たちの姿を見かけるようになりました。
サクラツツジが咲き始め、ミヤマシキミの花の甘い香りがただよい、屋久島は快適な登山シーズンを迎えています。

そして、白谷雲水峡の太鼓岩からは、満開のヤマザクラの絶景が広がっていました。

太鼓岩からのヤマザクラ
太鼓岩からのヤマザクラ

ヤマザクラは屋久島では標高1000m位までにあり、人の手の入っている二次林に多いのが特徴です。
太鼓岩から望む小杉谷も大正末期から昭和40年代にかけ屋久杉が伐採されました。
スギの深い緑、ヤクシマオナガカエデの鮮やかな新緑とヤマザクラの淡いピンクが屋久島の春を彩っています。

4月3日現在の日の出は6:05、日の入りは18:38です。


【コース状況】

●宮之浦岳(標高1936m)
3月30日 天気:晴 山頂の気温:18℃(12:00)風:北西の微風 登山者数:45名  
●縄文杉コース(標高600~1300m)
4月1日 天気:曇 デッキの気温:12℃(標高約1300m :) 風:無風 登山者数:120名
●白谷雲水峡(標高600~1070m)
4月1日 天気:曇 苔むす森の気温:15℃(標高約870m) 風:微風 登山者数:259名


【登山道】

●縄文杉ルート 
3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)~荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会→
http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/
で確認できます。

※縄文杉の大枝の基部に3m程の長さの空洞が見つかり、大枝の落下危険防止措置として、展望デッキの一部立ち入り制限を行っています。
詳しい情報についてはこちらで確認できます。→
九州森林管理局ホームページhttp://www.rinya.maff.go.jp/kyusyu/

●宮之浦岳などの奥岳ルート
奥岳と呼ばれる標高の高い山岳部では凍結の可能性があります。気象情報を確認の上、十分な装備をご準備ください。


【装備】
 
 寒暖の差が激しい時期なので、重ね着をして、気温の変化に対応できる服装をご準備ください。
宮之浦岳などの山岳部では寒の戻りによる積雪・凍結の可能性があり、その場合は冬山登山の装備が必要です。
屋久島での登山は想像以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライトは必須です。

 縦走ルートの登山者も増加しています日によっては、山中泊で利用する避難小屋も満員になることがあります。
小屋に入れない事も想定し、テントやツェルトを持参しましょう。


【注意】

屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。
装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ygkguide.blog.fc2.com/tb.php/127-27554b09

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR