Entries

2013年6月4日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」です
2013年6月4日
担当ガイド:駒野英昭


【周辺状況】

●5月27日に九州南部が梅雨入りしてから、雨の日が続く屋久島です。
昨年より3日早く、平年より4日早い梅雨入りでした。コケや木々の葉が梅雨の雨を受け、最もつややかに輝く時期です。

宮之浦岳では、引き続きヤクシマシャクナゲ(ツツジ科)が山を彩っています。
縄文杉コースや白谷雲水峡の河原では、サツキ(ツツジ科)の赤い花の塊が白い花崗岩に映え、
登山道沿いでは、ホウロクイチゴ(バラ科)の白い花がだんだんと咲き始めました。

サツキ
サツキ

ホウロクイチゴ
ホウロクイチゴ

虫たちが盛んに花を飛び回っています。また足元の道にはエゴノキ(エゴノキ科)の白い花がたくさん落ちていて、手にとって鼻を近づけると特有の香りがします。
縄文杉コースのトロッコ道終点の大株歩道入口辺りでは、ユニークな形状の花を持つ、チャボシライトソウ(ユリ科)の花も咲いています。
茎の先端についた花から糸状の花被片が目立ち、名前の「シライト」の元になっています。
目立つ花から、よく探さないといけない花もありますが、たくさんの花に彩られている今の屋久島です。

チャボシライトソウ
チャボシライトソウ

6月3日現在の日の出は5:16、日の入りは19:17です。


【コース状況】

●宮之浦岳(標高1936m)
6月3日 天気:雨 山頂の気温:12℃(9:00)風:南東の弱風 登山者数:約60名  
●縄文杉コース(標高600~1300m)
6月2日 天気:曇一時雨 デッキの気温:15℃(13:00)(標高約1300m) 風:微風 登山者数:238名
●白谷雲水峡(標高600~1070m)
6月4日 天気:曇 太鼓岩の気温:℃(標高約870m) 風: 登山者数:名


【登山道】

●縄文杉ルート 
3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)~荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。
詳しくは、
屋久島山岳部車両運行対策協議会→
http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/
で確認できます。

悪天候の場合は荒川登山口までの道が車両通行止めになることもありますのでご注意ください。
屋久島の道路通行規制情報はこちら→
http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima

※縄文杉の大枝の落下危険防止措置として、展望デッキの一部立ち入り制限を行っています。
またそれに伴い、デッキに付近にう回路が新設されています。
詳しい情報についてはこちらで確認できます。→
九州森林管理局ホームページ http://www.rinya.maff.go.jp/kyusyu/


【装備】 

重ね着をして、気温の変化に対応できる服装をご準備ください。
屋久島の激しい降雨には、ビニールガッパやポンチョは役に立ちません。
必ずトレッキング用のしっかりした雨具を上下セットでお持ちください。
屋久島での登山は想像以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライトは必須です。
また、登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。
奥岳ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

奥岳は気象の変化が激しいため、気象情報を確認の上、十分な装備をご準備ください。
山中泊で利用する避難小屋も満員で入れない事も多々あります。必ずテントやツェルトを持参しましょう。

高塚避難小屋および付帯トイレ、6/1から7/4の間、建て替え工事の為、利用できません。
新高塚小屋の利用をお勧めします。詳しい情報については、屋久島町役場商工観光課(0997-43-5900)までお問い合わせください。

屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。
装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ygkguide.blog.fc2.com/tb.php/166-a851f1dd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR