FC2ブログ

Entries

屋久島大縦走

屋久島大縦走 
2013年7月5~6日
担当ガイド:大木信介

東京からお越しの男女5名様のグループと宮之浦岳の縦走です。

白谷雲水峡から入山し、辻峠を越え縄文杉ルートに合流、
新高塚小屋で一泊して宮之浦岳を登頂し、淀川登山口に下山・・・
九州の最高峰を越え、屋久島の良さを余すところなく堪能する最高のルートです。


7月5日 白谷雲水峡~縄文杉~新高塚小屋

IMG_6898.jpg

期待に胸を膨らませ、白谷雲水峡を出発です。
頑張っていきましょう!


IMG_6901.jpg

最初の縦走路の最初の見せ場「苔むす森(もののけ姫の森)」です。
白谷雲水峡は苔の総本山、美しい苔と森をたっぷり楽しみます。


IMG_6904.jpg

苔の森を抜けると大展望の「太鼓岩」に飛び出ます。
稜線こそ見えませんでしたが、すばらしい眺めでした。


IMG_6906.jpg

安房川と深く切れ込んだ屋久島の谷がよく見えました。
そして雲のように見えるのは屋久島名物「雨のカーテン」です。
これからこの中へ進むのです。

辻峠を越え、トロッコ道に下りました。
トロッコ道を一時間程歩き、再び山道です。
目指すは本日のハイライト「縄文杉」です。


IMG_6911.jpg

ウィルソン株に到着。
株の中からハートを見上げ、テンションも上がりました!


IMG_6914.jpg

森の中で気持ち良く昼食です。

木を見て森を見ず・・・ではいけません。
屋久島の森を堪能しながら森の王「縄文杉」を目指します。


IMG_6919.jpg

そしてついにご対面です。

日帰り登山者も帰り、静寂の中のんびりと縄文杉と過ごしました。


IMG_6925.jpg

縄文杉から新高塚小屋までの森も格別です。
樹齢1000年を越える大きな屋久杉が次々と現れます。


IMG_6931.jpg

まさに太古の森です。


IMG_6937.jpg

新高塚小屋に到着です。
縦走する登山者も少なく、広々と小屋を使えました。

屋久島の名産品「さば節」と地元の銘酒、芋焼酎「三岳」で乾杯です。

本日はお疲れさまでした。明日は稜線を楽しみましょう。


7月6日 新高塚小屋~宮之浦岳~淀川登山口


夜中は大雨でしたが、出発時は曇り空となりました。
今日も楽しく参りましょう!


IMG_6940.jpg

新高塚小屋を出発です。


IMG_6942.jpg

第2展望台から愛子岳、遠く種子島が見えました。


IMG_6957.jpg

平石岩屋付近、霧に立つ岩峰群が幻想的でした。


IMG_6960.jpg

風が強く、霧が流れて時々展望も開けました。
ヤクザサに覆われた稜線はアルペン的な雰囲気です。山頂も近いです。


IMG_6962.jpg

強風の宮之浦岳山頂に立ちました!

南西の風が強く、まともに立っていられませんでしたが、感無量です。


IMG_6982-2.jpg

花之江河でようやく風もおさまりました。
湿原でヤクシカがのんびりお食事中です。
それを眺めながら昼食としました。


IMG_7000.jpg

アルペン的な稜線から再び深い森へ降りてきました。

苔の森に始まり、屋久杉の森、アルペン的な稜線、このルートはとても変化に富んでいます。


IMG_7003.jpg

最後の見せ場、清流「淀川」です。
透きとおった美しい流れにしばし心奪われます。


IMG_7008.jpg

無事下山しました!

下山直後、びっくりするほどの大雨となりました。
タイミングよく下山できてよかったです!


皆様、二日間大変お疲れさまでした。
屋久島の縦走楽しんでいただけましたか?

また是非屋久島にお越し下さい。
有難うございました!




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ygkguide.blog.fc2.com/tb.php/182-7be7146f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR