FC2ブログ

Entries

女子登山ワークショップ「FeW」 3日間の屋久島旅行

女子登山ワークショップ「FeW」 3日間の屋久島旅行
2013年11月16~18日
担当ガイド:大木信介


11月16~18日の3日間、FeWツアーをご案内させていただきました。

Fewとは「Female Eco-trek Workshop」の略で、女性のための女性ガイドによる登山ツアー&ワークショップです(今回のツアーには男性もお二人様ご参加です)。
「せっかくの屋久島、現地ならではの詳しい解説を」という事で、弊社とタイアップさせていただきました。

16日 昼前にご来島→白谷雲水峡半日コース
17日 淀川登山口入山→宮之浦岳登頂→新高塚小屋(泊)
18日 新高塚小屋→縄文杉→トロッコ道→荒川登山口下山→縄文の宿まんてんで温泉→最終便で帰路に…

休みがなかなか取れないお客様達のスケジュールに合わせ、
到着から離島まで、屋久島の苔・森・山を無駄なくたっぷり楽しんでいただくコースをご用意させていただきました。


16日 ご来島→白谷雲水峡半日コース 

昼前の飛行機でご来島、そのまま白谷雲水峡へご案内させていただきました。
本日は苔と森と水の風景をゆったり楽しんでいただきたいコースです。


P1020874.jpg

森と苔、緑の世界へ。


P1020873.jpg

森のリズムにシンクロ、自然と一つになる時間です。リラックスしていきましょう。


P1020872.jpg

「苔むす森(もののけ姫の森)」に到着。


P1020869.jpg

都会を出発して数時間後にはこの美しい苔の世界、皆さま大喜びされていました。


17日 淀川登山口→宮之浦岳→新高塚小屋(縦走1日目)

さあ、いよいよ縦走です。屋久島の最高峰宮之浦岳(1936m)を目指します。
日本百名山の100番目の山、九州の最高峰でもあります。


P1020884-2.jpg

真っ暗な淀川登山口を出発です。頑張っていきましょう!


P1020887.jpg

淀川小屋で朝食を済ませ、いよいよ本格的な登りへ。


P1020898-2.jpg

森から森林限界を越えると、アルペン的な稜線が広がります。
屋久島が「洋上アルプス」と言われる所以です。


P1120090-001.jpg

天気は上々、雲が少し広がりましたが宮之浦岳もしっかり見えました。


P1020901.jpg

屋久島最高峰「宮之浦岳(1936m)」に到着!

FeWの皆さま、おめでとうございます。
残念ながら雲の中に入ってしまいましたが、嬉しい登頂です。


P1020908.jpg

本日の宿泊地「新高塚小屋」を目指します。
稜線から森の中に戻り、幻想的なシャクナゲの森を歩きます。

新高塚小屋に到着しました。
縦走も重い荷物も初めてという方も多かったのですが、ハードな初日は無事終了。
屋久島の銘酒「三岳」と名産品の「サバ節」を肴に宮之浦岳登頂を祝い、乾杯しました。

慣れない寝袋も楽しみの一つでした。


18日 新高塚小屋→縄文杉→トロッコ道→荒川登山口(縦走2日目)→温泉→離島

縦走2日目、本日は森の王「縄文杉」と屋久島の原始林を楽しむ一日です。


P1020915.jpg

6時過ぎ、雨の新高塚小屋を出発。

縄文杉までの森もとても素晴らしく、立ち止まっては森を見上げ、写真を撮る、この連続でした。


P1020914.jpg

こんな素敵な木々のドラマが連続します。
雨が霧を招き、森の美しさを一層引き立ててくれます。情緒あふれる屋久島らしい風景が見事でした。


P1020922.jpg

高塚小屋で休憩、ヤクシカとも出会いました。


P1020929.jpg

幽玄の森にヒメシャラが彩りを添えます。


P1120167.jpg

遂に森の王「縄文杉」とご対面です。

まさに屋久杉の王様でした。


P1020938.jpg

次のお楽しみはやっぱりこれ。ウィルソン株のハートです。

巨大な株の中から見上げると・・・


P1020940.jpg

見事なハートが見えます。


P1120261.jpg

山道からトロッコ道に出るとペースも上がります。
元気よく歩き、そろそろ頭の中は温泉モードです。


P1020944.jpg

ようやく雨も上がり、気持ち良く下山できました。
屋久島大縦走、大変お疲れさまでした。
忘れられない山旅になりましたか?


このまま空港前の「縄文の宿 まんてん」さんに直行し、温泉で二日間の疲れをとりました。
17:55の鹿児島行きの最終便に乗り、皆さま帰路につかれました。


屋久島の良いとこをたくさん楽しんでいただいた3日間となりました。
FeWの皆さま、また是非、季節を変え、山を変え、屋久島に癒されに来て下さい。

スタッフ一同お待ちしております。
ありがとうございました。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ygkguide.blog.fc2.com/tb.php/232-e0152960

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR