FC2ブログ

Entries

2014年7月30日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2014年7月30日
担当ガイド:駒野英昭


【周辺状況】

●梅雨明けした屋久島はいよいよ夏本番、なかなか雨も降らず、連日暑い日が続いています。それでも、縄文杉コースや白谷雲水峡などのコースは、直射日光の当たる場所も少なく、風が吹くとさわやかで涼しさを感じることもあります。ただ、もちろん暑い夏ですので、熱中症対策や水分補給は万全にしてください。

今の時期、山道を歩いていてよく驚かれるのが、コース上のあちこちにホタルが飛んでいることです。昼間からふわふわと飛んでいて、手を出すと手に止まることもあります。ただし、光って見えません。このホタルは「オバボタル」というホタルで、かすかに赤っぽい発光をしていますが、日中飛んでいる姿を見ても、まず光っているのはわかりません。(夜も光って見えることはないようです)姿を見て、夏の風情を感じてください。

オバボタル
オバホタル

また、あちこちで、セミの声が目立つようになりました。ふもとではクマゼミやニイニイゼミ、ツクツクボウシの声が、山のやや高所では、ヤクシマエゾゼミの「チーーーー」という、単調な声もよく聞こえます。鳥のさえずりも時折聞こえてきますが、耳をすませてみると、その中に、尺八のような、サイレンの音のような、不思議な音が聞こえることがあります。これは、「ズアカアオバト」というハトの鳴き声で、全身緑色でくちばしや目の周りは水色をしている、声も見た目も不思議な鳥です。森の色に溶け込んでいるので、姿を見るのはかなり難しいですが、「アオい鳥」ですから、見つければ幸せになれるかもしれませんね。

ズアカアオバト
ズアカアオバト

7月30日現在の日の出は5:34、日の入は19:14です。


【コース状況】

●宮之浦岳コース(標高1936m)
7月25日 天気:晴のち曇 宮之浦岳山頂の気温:22℃(9:00)(標高1936m) 風:無風 登山者数:約30名
●縄文杉コース(標高600~1300m)
7月28日 天気:晴時々曇 縄文杉デッキの気温:23℃(11:00)(標高約1300m) 風:微風 登山者数:348名
●白谷雲水峡(標高600~1070m)
7月26日 天気:晴時々曇 太鼓岩の気温:26℃(13:00)(標高約1070m) 風:微風 登山者数:391名


【登山道】

●縄文杉ルート
・大雨などの場合は車両通行止めになることもあります。屋久島の道路通行規制情報はこちら→
http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima

・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)~荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。
詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。→
http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

・縄文杉の大枝の落下危険防止措置として、北側展望デッキ等の解体撤去工事が行われました。
デッキ付近にはう回路が設定されています。
詳しい情報についてはこちらで確認できます。→
九州森林管理局ホームページ http://www.rinya.maff.go.jp/kyusyu/

●縦走ルート
・宮之浦岳などの山岳部では天候によって急な冷え込みや強風などの可能性があります。ご注意ください。
・現在、新高塚避難小屋の付帯トイレは使えなくなっているものがあります。携帯トイレで対応するようにしましょう。


【装備】

・気象の変化に備え、衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかりと用意して下さい。
・屋久島での登山は想像以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ygkguide.blog.fc2.com/tb.php/301-c655fc38

トラックバック

コメント

[C80] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C81] Re: 写真のホタルについて

K.I 様

初めまして。屋久島ガイド協会の駒野英昭と申します。
今回はホタルの件でご質問いただきましてありがとうございます。
ご指摘のありました写真ですが、外見的特徴からすると仰る通りオオオバボタルでよいと思うのですが、体長が小さめでしたので、大きくオバボタル(の仲間)、という形で表記いたしました。オバボタルの一種、という書き方のほうがよかったかもしれません。ありがとうございました。

ご質問のありました前胸背板の透き通ったホタルについてですが、昨年メイツ出版から発売された「屋久島の自然図鑑」にオバボタルとして載っている写真もそのホタルのようです。屋久島環境文化研修センターの小西氏にお聞きしたところ、その写真のホタルについて、陸生ホタル生態研究所の小保先生に確認を取ったところ「全く見たことが無い種」という回答を頂いたことから、新種の可能性が高いのではないか、とのお答えを頂きました。今のところサンプルがないため、はっきりとしたことがわかっていません。
縄文杉コースや、I様がオオオバボタルを確認された白谷雲水峡(報告書を拝見させて頂きました)では、時期や標高によって、オバボタル、オオオバボタル、新種らしきホタルが混在している可能性もあります。(縄文杉コースのウィルソン株辺りでも夏場に見たことがあります)今後もう少し詳しいことがわかってくるかと思われます。

また何かありましたらご質問くださいませ。
よろしくお願いいたします。

***********************
株式会社屋久島ガイド協会ビジターセンター
担当:駒野 英昭
〒891-4207
鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田1436-56
Tel.:0997-49-4191  Fax.:0997-43-5970
info@yakushima-guide.com

株式会社屋久島ツアーズ(Y ツアーズ)
鹿児島県知事登録旅行業 第2-228号 
全国旅行業協会(ANTA)正会員
〒891-4207
鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田1436-56
Tel.:0997-49-4181  Fax.:0997-43-5970

【営業時間】 9:00~18:00 年中無休

***********************
  • 2016-12-05 10:16
  • 屋久島ガイド協会
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR