Entries

大絶景の黒味岳から最高峰・宮之浦岳へ

大絶景の黒味岳から最高峰・宮之浦岳へ
2014年11月23日
担当ガイド:大木信介

女性3名様を宮之浦岳にご案内して参りました。
「どうしても黒味岳にも登りたい!」というご希望もあり、二つの山頂を目指しました。


P1130868.jpg

花之江河に到着。
正面に見えているピークが黒味岳です。

天気予報では午後から曇りになっていましたので、大展望の黒味岳を先に登る事にしました。


P1130870.jpg

花之江河から小一時間、あっという間に山頂に到着しました。


P1130872.jpg

待っていたのは洋上アルプスと呼ばれるこの大展望。

宮之浦岳(右)と永田岳。
花崗岩がむき出しの森林限界を超えた稜線です。


P1130874.jpg

山頂の巨岩。
絵葉書のようにバッチリきまりました!


P1130879.jpg

予報通り昼前から雲が少し出てきましたが、雲をまとった山の表情もドラマチックでした。


P1130881.jpg

霧が濃くなってきました。
太陽の光を受け、白く輝く世界に浮かびあがる杉の木々が幻想的です。


P1130882.jpg

しばし、濃霧を楽しみます。
目まぐるしく変化する山の表情に、進むのがもったいないくらいです。


P1130887.jpg

山頂到着!

宮之浦岳は日本百名山100番目の山にして九州最高峰、
本日は最高の条件とメンバーで登れました。


P1130893.jpg

山頂を楽しんでいると、永田岳も見えてきました。


P1130896.jpg

稜線の花崗岩と。

方丈節理とたまねぎ状風化によって見事なオブジェになりました。


P1130898.jpg

ヤクシマダケと花崗岩の稜線。


P1130900.jpg

太古の森が神秘的な屋久島ですが、稜線ではアルペン的な雰囲気が楽しめます。


P1130904.jpg

花之江河まで戻りました。
帰りはヤクシカの小鹿が出迎えてくれました。


P1130909.jpg

清流・淀川。

静寂な森で最後の休憩をとりました。
名残惜しいですが、下山も近いです。


P1130910.jpg

無事下山しました。
体力のある皆様で、黒味岳に寄ってもほとんど疲れていないようでした。

天候に恵まれ、黒味岳の大絶景に感動し、屋久島最高峰にも登れました。
素晴らしい一日でした。

皆様、また是非遊びに来てください。
スタッフ一同お待ちしております。
ありがとうございました!



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ygkguide.blog.fc2.com/tb.php/332-62306605

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR