FC2ブログ

Entries

2015年1月27日  屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2015年1月27日
担当ガイド:駒野英昭

【周辺状況】

この一週間は、先週の半ばに少し冷え込み、22日の午後には標高700m付近でもあられが降りました。
縄文杉のトロッコ道や白谷雲水峡にも少し積もりましたが、その後週末はまた暖かくなり、すぐに融けてしまいました。
週が明けても気温は高めで、26日は山でも1日雨になりました。日によってずいぶん寒暖の差が出ますので、色々な状況に対応できるよう、装備や準備を整えておいでください。

モッチョム岳や蛇之口滝などの沢沿いや、水の滴る岩の上などでは、サツマイナモリ(アカネ科)の白い花が見られるようになりました。

サツマイナモリ1
サツマイナモリ

花の大きさは15mmほどですが、かたまってたくさん咲くことが多いので、見つけやすいと思います。
イナモリソウという花に似ていて、鹿児島県(薩摩)など九州でよく見られることから、その名前がつけられたようですが、関東地方の南部から沖縄まで生えています。
近くに水が流れている場所では、気にしてみてください。九州では、早春を告げる花とされています。少しずつ春の足音が聞こえてきたようです。

サツマイナモリ3
サツマイナモリ

1月27日現在の日の出は7:12、日の入りは17:50です。


【コース状況】

●縄文杉コース(標高600~1300m)
1月26日 天気:雨 縄文杉デッキの気温:8℃(11:00 標高約1300m) 風:微風 積雪:なし 登山者数:12名
●白谷雲水峡(標高600~1070m)
1月23日 天気:曇のち晴 太鼓岩の気温:9℃(12:30 標高約1050m) 風:北西の風 登山者数:85名


【登山道】

12月1日より来年2月28日まで、荒川登山口までの一般車車両乗り入れが可能です。
荒川登山口は駐車スペースが非常に少なく、場合によっては路上駐車をすることになります。
大型バスの乗り入れもあるため、通行の妨げにならないよう充分配慮して駐車して下さい。
また積雪、凍結などの場合は車両通行止めになることもあります。
屋久島の道路通行規制情報はこちら→
http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima

天候により、登山道の積雪、凍結の恐れがあります。積雪は数十cmに及ぶことがあります。
スノースパイクや軽アイゼンを用意しましょう。

(縦走ルート)
・積雪、凍結、暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。積雪は数mに及ぶことがあります。
 初心者の安易な入山は控えて下さい。6本爪以上のアイゼン、ピッケル等、雪山装備必携です。
・現在、新高塚避難小屋の付帯トイレは使えなくなっているものがあります。携帯トイレで対応するようにしましょう。


【装備】

・標高1,000m以上では、雪山装備が必要です。積雪、凍結、悪天候にそなえ、縄文杉ルートでは、スパイクや軽アイゼン程度の滑り止め、、ストック等、奥岳では6本爪以上のアイゼン、ピッケル等は必要です。
 万が一のビバーク用装備もお忘れなく。
・縄文杉ルートでも気温5℃以下、奥岳ルートでは0℃以下になります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、暴風の装備をしっかりと用意して下さい。
・日照時間が短く、16時を過ぎると山中は薄暗くなってきます。屋久島での登山は想像以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ygkguide.blog.fc2.com/tb.php/350-8a571f0d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR