FC2ブログ

Entries

ヤクシマルリセンチコガネ

屋久島《生命の図鑑》 其の三
ヤクシマルリセンチコガネ

2012年10月9日
担当ガイド:大木信介


屋久島は植物だけではなく、昆虫にも屋久島の名を冠した種類が多々あります。その一つがヤクシマルリセンチコガネ。分類上はかの有名なファーブル博士も感激したといわれる「糞ころがし」の仲間でオオセンチコガネに属し、大きさは18mm程度、亜種にはなっていませんが屋久島特有の色をしています。

ヤクシマルリセンチコガネ2
ヤクシマルリセンチコガネ

「センチ」とは便所をさす言葉「雪隠(せっちん)」が訛ったもの、つまり「屋久島」+「瑠璃」+「雪隠(せっちん)」+「黄金」をつなげた見事なネーミングというわけです。

 ヤクジカの糞を巣穴に持ち帰り、幼虫の餌にします。たくさん転がっているヤクシカの糞も昆虫たちにとっては大切な資源となります。生命は小さなところから大きなところまで循環しているんですね。

 瑠璃色に輝くこの美しいお掃除屋さんは「森の宝石」と呼ばれ、初めて見る人も虫が苦手な人もとても感動すると思います。こんな素敵な昆虫に出会えたらとても幸運、縄文杉ルートのトロッコ道、大株歩道、宮之浦岳の稜線などなど、山間部で出会うことができます。是非ぜひ足元を注意深く探してみては如何でしょうか。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ygkguide.blog.fc2.com/tb.php/42-825acf51

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR