Entries

雪残る縄文杉

雪残る縄文杉
2016年2月10日
担当ガイド:大木信介

香川県からお越しの女性2名様を縄文杉へご案内して参りました。
一日を通し快晴、素晴らしい天候でした。

01_20160212105047900.jpg

出発して1時間、小杉谷橋を通過します。
8.5kmのトロッコ道を3時間かけて歩きます。


02_20160212105012416.jpg

単調なトロッコ道歩きを終え、山道に入ると次々と面白い風景と出会います。


0070_xlarge.jpg

ウィルソン株のハートはこのルートのハイライトの一つ。


0027_xlarge_201602121050154f0.jpg

山道の雪が徐々に増え始めてきました。

屋久島に雪?驚くお客様も多いのですが、縄文杉付近で1m以上降った年もあります。


0025_xlarge.jpg

木道に積もった雪が凍って滑りやすく、危険でしたのでチェーンスパイクを使用しました。
チェーンと爪が併用してあり、安心して歩けます。


0030_xlarge.jpg

雪山らしくなってきました。


0031_xlarge.jpg

木々の隙間から屋久島最高峰の宮之浦岳が見えました。
稜線は冬山の様相です。


0001_xlarge_20160212105447d8a.jpg

恐いのは凍った木道の下りです。
慎重に進みます。


0002_xlarge_20160212105449937.jpg

お昼休憩です。
爽やかな森での昼食と温かい味噌汁は格別です!

昼食を終えて出発、縄文杉まであと50分です。

0004_xlarge_20160212105450184.jpg

樹齢3000年の大王杉です。
下から見上げると大迫力です。


0006_xlarge_20160212105917aba.jpg

ぐにょーんと曲がりくねったヤマグルマの木をくぐります。


0039_xlarge.jpg

いよいよ縄文杉目前、この付近で積雪は30cm程です。

慣れない雪道では緊張感もあり、力が入って通常よりも疲れます。
あとちょっとです!


0009_xlarge_20160212105921112.jpg

到着!

雪の縄文杉、推定樹齢7200年、まさに森の王様です。

ハイシーズンはなかなかゆっくり眺めることが出来ませんが、
冬は登山者も少なく、展望デッキでゆっくり対面することができました。
これも冬の特権です。


0011_xlarge_20160212105923c0a.jpg

山道からトロッコ道へ、雪の世界から戻ってきました。


0089_xlarge.jpg

安房川の川原で休憩しました。

疲れた体を休めつつ、エメラルドグリーンの流れに癒されます。
冬は特に透明度が高く、色合いが美しくなります。


0096_xlarge.jpg

あと45分で下山します。
トロッコ道の急カーブにて。


0097_xlarge.jpg

橋から落ちないように!


0098_xlarge.jpg

このトンネルを抜けると・・・


0101_xlarge.jpg

ゴール!
出発から11時間、無事荒川登山口に戻ってまいりました。
南の島に雪あり、名木あり、ドラマあり、楽しかった!というガイド冥利につきる素敵な笑顔でした。

冬のこの時期にたいへんな好天に恵まれたお二人は間違いなく強運の持ち主です。
また是非遊びに来てください。
次回は雨の屋久島を楽しみましょう。

ありがとうございました!


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ygkguide.blog.fc2.com/tb.php/456-02b2a327

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR