Entries

2016年3月22日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2016年3月22日
担当ガイド:駒野英昭

【周辺状況】

3月19~21日の三連休はお天気に恵まれ、中日の20日には縄文杉コースに458名、宮之浦岳でも100名ほどの登山者が訪れました。
気温も日中は20℃ぐらいまで上がる日も増えてきて、陽ざしに照らされるとずいぶん暑さを感じます。
山岳部でも、宮之浦岳コースの中間地点にある標高約1,600mの湿原、花之江河や小花之江河では、オスがメスの上に乗って交尾中のヒキガエルや、ひも状の卵塊が見られます。
いろいろな状況に春を感じることができるようになってきました。

山もだんだんと春めいてきて、県道ヤクスギランド線や、白谷雲水峡線の道路からは、山を見ると新緑が目につくようになってきました。

新緑1
ヤクスギランド線の新緑

それまでの濃い緑色の中に、カエデ類などの、若葉の明るい黄緑色が混じってくるこの季節は、屋久島の山が最高に鮮やかになる時です。

新緑3
ヤクシマオナガカエデの新芽

山を染めていく緑のグラデーションは、生命力に満ち溢れていて、とても感動的です。ふもとに近いところでは、ヤマザクラの花も咲き出しています。

もっとも、まだ季節の変わり目、日によっては一気に寒くなることもありますので、寒暖どちらでも大丈夫なように準備してお出でください。

3月22日現在の日の出は6:19、日の入りは18:31です。


【コース状況】

●宮之浦岳(標高1936m)
3月20日 天気:晴 宮之浦岳山頂の気温:8℃(10:10 標高1,936m) 風:北西の微風 登山者数:約100名
●縄文杉コース(標高600~1300m)
3月22日 天気:晴 縄文杉デッキの気温:13℃(11:30 標高約1,300m) 風:無風 登山者数:176名
●白谷雲水峡(標高600~1070m)
3月22日 天気:晴のち曇 太鼓岩の気温:14℃(12:30 標高1,050m) 風:無風 登山者数:約350名


【登山道】

(縄文杉ルート)

・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)~荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/
屋久島の道路通行規制情報はこちら→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima

(縦走ルート)

・現在、新高塚避難小屋の付帯トイレは使用可能です。
・積雪、凍結、暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。積雪は数mに及ぶことがあります。
 初心者の安易な入山は控えて下さい。6本爪以上のアイゼンやチェーンスパイク、ピッケル等、天気予報を確認して必要に応じた雪山装備を準備してください。


【装備】 

・標高や風雨など天候によっては体感温度は低くなります。衣類は速乾用素材、防水、防寒、防風の装備をしっかりと用意して下さい。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライトは必須です。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ygkguide.blog.fc2.com/tb.php/465-a13e6689

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR