Entries

2016年6月22日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2016年6月22日
担当ガイド:駒野英昭

【周辺状況】

6月も下旬に差し掛かりました。今年の梅雨は、雨が激しく降る日も数日ありましたが、雨の降らない日が目立ちます。週末の18、19日などはもう梅雨明けしたかのような好天が続きましたが、21日は、縄文杉ルートでは、久しぶりにまとまった雨が降りました。それでも、昨年は、雨の降らない日がなかったかのように毎日降り続いたので、ずいぶん差を感じます。

森では、ヒメハルゼミの鳴き声がよく聞こえるようになってきました。ツクツクボウシを小さくしたような体で、25㎜前後の大きさですが、姿はあまり見えず、声だけがよく聞こえます。

ヒメハルゼミ
ヒメハルゼミ

単体では「ギーオ、ギーオ」と鳴くのですが、合唱癖があり、1匹鳴き出すと、一斉に鳴き出すので、天気のいい日には、森全体から鳴き声が降りかかってくるような「ウワーン」と頭に響くような合唱になります。

ヒメハルゼミ抜け殻
ヒメハルゼミ抜け殻

花では、イワガラミやヤマボウシなどの白い花が目立ちます。イワガラミは縄文杉コースのトロッコ道沿い、ヤマボウシは白谷雲水峡のさつき吊り橋や、縄文杉コースのみだれ橋、夫婦杉周辺でよく見られます。実際には、それぞれの白く見える部分は花びらではなく、がく片や総苞片と呼ばれるもので、花はその中心にあまり目立たない花が密集して咲いています。ヤマボウシは秋になると赤くて甘い実をつけ、ヤクザルたちの大事な食料になっています。

日によっては日中の最高気温が30℃を超える日もありますが、雨が降れば山では肌寒く感じる日もあります。どちらにも対応できる準備を整えてお出かけください。

6月22日現在の日の出は5:16、日の入りは19:24です。


【コース状況】

●縄文杉コース(標高600~1300m)
6月21日 天気:曇のち雨のち曇 縄文杉デッキの気温:20℃(12:30 標高約1,300m) 風:南西の風 登山者数:103名
●白谷雲水峡(標高600~1070m)
6月20日 天気:曇 太鼓岩の気温:21℃(12:00 標高1,050m) 風:北西の弱風 登山者数:140名


【登山道】

(縄文杉ルート)
・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)~荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/
屋久島の道路通行規制情報はこちら→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima

(縦走ルート)
・現在、新高塚避難小屋の付帯トイレは使用可能です。


【装備】 

・標高や風雨など天候によっては体感温度は低くなります。衣類は速乾用素材、防水、防寒、防風の装備をしっかりと用意して下さい。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライトは必須です。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ygkguide.blog.fc2.com/tb.php/494-75b09ac1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR