Entries

2017年3月15日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2017年3月15日
担当ガイド:荒木宏介

【周辺状況】

低気圧が一つ通り過ぎるたびに季節が深まり、春らしい三寒四温が続いています。
3月前半の屋久島は卒業旅行などで賑わっており、10日225名、11日206名と例年より多くのお客様が縄文杉を見に来ていただいているようです。

そんな登山者の中には、可愛らしい缶バッジをザックや帽子などに着けている方をよく見かけるようになりました。

協力者証代わりの缶バッジ
協力者証代わりの缶バッジ

今年の3月から始まった山岳部環境保全協力金(1000円)を納入された方がもらえる、協力者証代わりの缶バッジです。
この協力金の納入は任意ですが、この缶バッジ欲しさに納入いただいている方も少なくないようです。
ぜひ可愛らしい屋久島缶バッジを身に着けて、縄文杉展望デッキまでの道のりを楽しく歩きましょう。

3月後半には、新しい展望デッキが完成予定です。(縄文杉の写真右下)
2012年11月に縄文杉の大枝に空洞が見つかり、落下防止の安全対策としてデッキの立ち入りが制限されました。
旧正面デッキと南側デッキは既に取り壊され、今は新しい正面デッキから縄文杉の昔ながらの姿を下から仰ぎみることができます。
そして新しい北側デッキは、今まで見たことのない角度から縄文杉を見れるとあって、現地ガイドからも多くの期待が寄せられています。

正面デッキからの縄文杉と建設中の北側デッキ

正面デッキからの縄文杉と建設中の北側デッキ

また登山道脇の苔の中をじっくり探してみると、可愛らしいハート型の葉っぱを見つけることができます。

スミレの葉っぱ
スミレの葉っぱ

ミヤマスミレやヤクシマミヤマスミレ、また標高の高いところではコケスミレなどの葉っぱが見られます。
ウィルソン株のハート、ヤクシカの真っ白なお尻のハート、そしてスミレの葉っぱのハートなどなど。
屋久島でたくさんのハートを見つけてみて下さい。


3月15日現在の日の出は6:28、日の入りは18:26です。


【コース状況】

●白谷雲水峡(標高600~1070m)
3月13日 天気:雨 太鼓岩の気温:7℃(11:30 標高1,070m) 風:北東の強風 登山者数:約150名  
●縄文杉コース(標高600~1300m)
3月14日 天気:晴れ 縄文杉デッキの気温:8℃(12:00 標高1,300m) 風:北西の微風 登山者数:約150名
●宮之浦岳(標高1360~1936m)
3月12日 天気:晴れ 宮之浦岳山頂の気温:10℃(12:00 標高1,936m) 風:東の弱風 登山者数:約25名


【山岳部環境保全協力金について】

2017年3月より、「世界遺産屋久島 山岳部環境保全協力金」制度が始まります。
みなさまから任意でご協力いただいた協力金は屋久島の環境保全に使われます。
登山口や観光協会等での納入が可能です。
世界遺産・屋久島の環境を守るため、ご協力を宜しくお願いいたします。
詳しくは下記を御覧ください。

http://yakushima-tozan.com/


【登山道】

(縄文杉ルート)

・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)~荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

屋久島の道路通行規制情報はこちら
→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima


(縦走ルート)

・現在、新高塚避難小屋の付帯トイレは使用可能です。
・積雪、凍結、暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
初心者の安易な入山は控えて下さい。6本爪以上のアイゼンやチェーンスパイク、ピッケル等、天気予報を確認して必要に応じた雪山装備を準備してください。


【装備】 

・標高や風雨など天候によっては体感温度は低くなります。衣類は速乾用素材、防水、防寒、防風の装備をしっかりと用意して下さい。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライトは必須です。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ygkguide.blog.fc2.com/tb.php/564-649cf8b0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR