FC2ブログ

Entries

2017年4月5日 屋久島山岳情報

屋久島ガイド協会からの「屋久島山岳情報」
2017年4月5日
担当ガイド:伊藤仁久

【周辺状況】

新設工事が行われていました縄文杉の北展望デッキが完成しました。
これまでとは別な方向から縄文杉を見ることができるようになり、縄文杉の新しい姿を見ることができます。

2017_0405_11224800(2).jpg
新デッキから望む縄文杉

新設された縄文杉の北展望デッキ
縄文杉と同じ高さに作られた新デッキ

3月は下旬にも寒の戻りがあり、3月の平均気温は平年値より1度ほど低くなりました。
4月に入ってからも1日夜から2日朝にかけ山間部では雪や霰が降る天候になりました。
例年は4月初旬、縄文杉コースの小杉谷のヤマザクラが見ごろの時期ですが、今年は開花が遅れています。

縄文杉コースの森林軌道沿いに「シキミ」のクリーム色の花が咲いていました。

シキミ
シキミの花

葉は柑橘系に似た香りがあり、属名には「誘惑する」という意味のラテン語が使われいるそうです。
仏壇や墓地に供えられることで知られていますが、実は毒性が強く「悪しき実」が名前の由来と言われています。

これからは春らしい暖かさになり、新緑の森に様々な花が咲き始めます。


現在高塚小屋は改修工事中です。中に入れない可能性もあるので、利用予定の方はテントなど幕営道具もお持ち下さい。
詳しくは屋久島町役場商工観光課、観光係 TEL 0997-43-5900までお問い合わせ下さい。

4月5日現在の日の出は6:02、日の入りは18:40です。


【コース状況】

●縄文杉コース(標高600~1,300m)
4月5日 天気:曇り 縄文杉デッキの気温:7℃(7:00 標高約1,300m) 風:微風 登山者数:約150名 
●白谷雲水峡(標高600~1,050m)
4月3日 天気:晴れ 太鼓岩の気温:10℃(12:00 標高1050m) 風:北西の風 登山者数:約320名 


【山岳部環境保全協力金について】

2017年3月より、「世界遺産屋久島 山岳部環境保全協力金」制度が始まります。
みなさまから任意でご協力いただいた協力金は屋久島の環境保全に使われます。登山口や観光協会等での納入が可能です。
世界遺産・屋久島の環境を守るため、ご協力を宜しくお願いいたします。詳しくは下記を御覧ください。
http://yakushima-tozan.com/


【登山道】

(縄文杉ルート)

・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)~荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。

詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
→http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

屋久島の道路通行規制情報はこちら
→http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima

(縦走ルート)

・現在、新高塚避難小屋の付帯トイレは使用可能です。
・積雪、凍結、暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。
チェーンスパイク等、天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。


【装備】

・標高や風雨など天候によっては体感温度は低くなります。衣類は速乾用素材、防水、防寒、防風の装備をしっかりと用意して下さい。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライトは必須です。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。


【注意】

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

※その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ygkguide.blog.fc2.com/tb.php/568-55f655cb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR