FC2ブログ

Entries

名峰・モッチョム岳登山

名峰・モッチョム岳登山
2018年1月7日
担当ガイド:大木信介

屋久島2回目のリピーター様をモッチョム岳へご案内してまいりました。

P1040676_20180111113508fdc.jpg

別の日に尾之間集落から撮影した「尾之間三山」。
左から割石岳・耳岳・モッチョム岳。

モッチョム岳は屋久島南部に位置する花崗岩がそそり立った岩峰で、
隆起によって形成された屋久島の地質を顕著に表している山です。
その形状から分かるとおり、非常に急峻な登山道をガシガシ登ることになります。


0002_xlarge_20180111101258a55.jpg

登山口は名瀑・千尋の滝からです。
歩き始めて5分、さっそく容赦のない登りが続き、一気に体温が上がります。


0004_xlarge_201801111012592ce.jpg

ここで一段落、綺麗な苔の沢沿いで一休みできます。
樹皮が美しいヒメシャラの森、美味しい沢の水も補給しました。


0008_xlarge_20180111101259cad.jpg

沢からひと踏ん張りで万代杉に到着しました。

屋久島にある樹齢3000年をかぞえる4本の屋久杉の一つです。
万代杉を訪れる人は少ないものの、真下から見上げる距離感は素晴らしく、迫力満点です。


0009_xlarge_20180111101301011.jpg

万代杉から先はロープを使って岩場を下りたり、


0012_xlarge_20180111101304cac.jpg

まるで壁のように急な根っこ階段を下りたり、木登りしているかのごとく進みます。

童心に返れる楽しく登りごたえのある登山道です。


0011_xlarge_201801111013038c3.jpg

気の抜けない登りが続く中、ほどよいところでホッと一息つけます。


0017_xlarge_20180111101305b4c.jpg

登山開始から約3時間、ついに最後の登り、最後の難所です。
このロープを使って山頂に登りつめます。

後ろは耳岳と割石岳です。


0021_xlarge_201801111013061bc.jpg

絶景のモッチョム岳山頂!

大絶壁と里の風景、そして大海原・・・
これを眺めるために頑張ってきました。


0023_xlarge.jpg

反対側の祠へご挨拶。


0025_xlarge_201801111013108f5.jpg

昨年は厄年で大変だったそうです。
今年は良い年になりますように!


0031_xlarge_201801111013116eb.jpg

たまらない高度感。

これぞ山頂!を満喫し、下山開始です。


0036_xlarge_20180111101314e1b.jpg

下りも急で大変ですが、おしゃべりしながら楽しく下りました。
時々ハッとするほど美しい苔に出会います。


0035_xlarge.jpg

苔がメインのコースではありませんが、さすが屋久島です。


0041_xlarge_20180111101252598.jpg

苔の沢で2頭のヤクシカにも出会えました。
濃厚な緑の絨毯を悠然とあるく姿は、時の流れが止まっているかのようでした。
ヤクシカも逃げなかったので、休憩がてらここでのんびり過ごしました。


0045_xlarge_201801111012558e4.jpg

下りで足もガクガクしてきたころ、爽快な疲れと達成感とともに無事下山です。

真冬ですが、半袖になるほど体が温まりました。
森歩きが多い屋久島登山において、モッチョム岳はガッツリ登山を楽しめます。


0046_xlarge.jpg

最後に名湯・尾之間温泉で〆ました。

翌日は雨の中、太忠岳に登ってこられました。
2度目の屋久島は、あいにくのお天気でしたが、堪能されたようでした。
3度目は宮之浦岳からの縦走をしてみたいという意気込み、楽しみにお待ちしております。

またご一緒させてください。
ありがとうございました!

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ygkguide.blog.fc2.com/tb.php/624-90f90f29

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR