FC2ブログ

Entries

偉大なる龍神杉 冬の屋久島 その参

ツアーレポート 偉大なる龍神杉 冬の屋久島 その参
2013年2月3日
担当ガイド:大木信介

快晴のなか龍神杉に出かけて参りました。
本日のお客様は再び屋久島在住のデザイナー・リョウコさんです。

秘境の滝が「蛇之口滝」ならば、秘境の屋久杉は「龍神杉」といえます。
登山口は200m以下、龍神杉が1,300m付近で縄文杉と同じ標高です。
標高差は1,150mもあり、日帰りのコースの中では難易度の一番高いルートとなっています。
人はなかなか訪れることがなく、隠れた名木となっています。
さて、どんな顔を見せてくれるのでしょうか。


SAC_2072.jpg

入念に準備体操してから出発です。
1.1kmは林道歩きとなります。
出だしが急登でちょっとびっくりしますが、ゆっくり進みます。


SAC_2081.jpg

急登なので、15分も歩くと一気に視界が開けます。


SAC_2099.jpg

林道を30分歩き、いよいよ山道に入ります。最初は植林の中に石段がずっと続きます。
この石段は部分的なものではなく、ルートの大部分を占めています。
急な道ではありますが、整備された石段は大変歩きやすく、その労力に感激します。


SAC_2111.jpg

森の中で休憩。登りに備えて腹ごしらえです。


SAC_2122.jpg

歩く人が少なければ温暖な屋久島のルートはみるみる自然に還っていきます。
石段は苔に覆われつつあります。これがまた、いいものです。
人が集中するルートにはみられない素晴らしい雰囲気です。


SAC_2129.jpg

出発の標高は低く、登山口付近ではオオタニワタリ等の亜熱帯の植物も見られます。


SAC_2157.jpg

登山道を登ること1時間、道が広くなりました。
ここはかつての森林軌道の敷跡です。
所々道が崩れて自然に還りつつありますが、苔むした枕木に当時の様子が伺えます。


SAC_2179.jpg

最初の登りを終えてちょっと一息つけるところです。
時間帯もよく、光のパレードのようでした。

20分ほどで再び登山道に戻ります。


SAC_2239.jpg

容赦のない急登が続き、川を二回渡渉します。
水もしっかり補給です。


SAC_2277.jpg

長い登りもようやく大詰め、あと少しです。

登り始めて4時間、

ついに、


SAC_2331.jpg

龍神杉とご対面!見事な屋久杉!


SAC_2370.jpg

偉大な杉…こみ上げてくる素直な感想です。


龍神杉にはその全容を眺められる展望テラスがあります。
ここでのんびりとお食事をしながらこころの対話を楽しんでから帰路につきます。


SAC_2522.jpg

急登を下りますが、整備された石段はリョウコさんにはとても歩きやすかったようです。


SAC_2540.jpg

「やった~!」
登山口まで約3時間半ほどかけ、無事下りることができました。

屋久島在住のリョウコさん、「ぜひまた龍神杉に会いに行きたい」と下りてもお元気でした。



この「龍神杉」ルートは弊社ホームページで紹介されていませんが、
このようなリクエストにもお応え致します。
初めての屋久島、リピーターの皆様、ぜひぜひ色々なリクエストをして下さい。

スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ygkguide.blog.fc2.com/tb.php/88-0de09d0a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

屋久島ガイド協会

Author:屋久島ガイド協会
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

QRコード

QR